卒業生の就職相談/行きたい学部がないから大学をワンランク下げるなんて愚の骨頂

卒業生から就職の相談を受けました

先日、神戸大学に進んだ卒業生から電話があって、就職で悩んでいるという相談がありました。要点は以下の通りです。

・親は、少しでも大きい生涯賃金の高い安定した企業の就職を望んでいる

・インターンシップで気に入った企業があるが、親にはあまりいい顔をされていない。

というような漠然としたものです。

私が彼に話したこと

・親も子の大学生も、終身雇用を前提として就職をまだ考えているのはどうかということか? 大企業でさえ、40歳の社員を対象にバンバンリストラするようになってきている。大企業や生涯賃金は意味のある選択なのか? 

・大企業には優秀な学生が集まり能力的に大差ない人間が苛烈な競争が繰り広げる。上司との相性などの思いもよらないことでつまずくと、コースから外されてリストラされる危険もある。あるいはたまたま在籍していた部署がリストラ対象になることもある。

・インターンシップなど宣伝半分で本当に苦労する仕事は学生には見れないが、企業の人間と接して企業風土やカラーは分かる。自分に合わないと感じたら、大企業でも辞めた方が良い。そのカラーの中で出世した上司とぶつかり、いずれコースを外される。

・日本の企業は親の世代が就職した頃の力は持っていない。家電は中国の1割の販売力しかなく、自動車もEV化されれば家電と同じ目に合う。ITでは日本は壊滅的で追いつける見込みもない。40歳でリストラは今だけのものなのか? そんなわけがあるはずがない。

・コロナ渦で就職状況が悪化していると考えるなら、今就職する必要があるのか?ワクチンが行き渡り経済活動が戻った後は、状況が変わるかもしれない。 大昔、円高不況で就職を苦労した2~3年後にはバブル景気を迎えて、アホでも一流企業の就職が決まった。就職が困難になる普通のゼミで院に進むのではなく、京大などのレベルが上の大学の法科大学院や会計士の資格が取れるビジネス系の院に進むのも手である。大学院の定員枠が増えて、上位大学の院には簡単に進める。

優秀な彼が大学3年間であまりに何も考えていなかったことに驚いた

高校の時は、社会常識にも精通していて優秀な子供だったんですが、大学生活で何一つ進歩していないどころか、友達とつるんで遊ぶだけで退化していました。上に挙げた最初と最後のポイントも考えていないと言う20歳の一流大学の学生に正直驚きました。「こんな子やなかったのに・・・大学でアホになってしもうた。」と正直思いました。

今も昔も、大学生なんてこんなもんなんですね。大学で何一つ専門知識も学ばない文系の大学なんか無駄の極みですな。今も昔も大学なんて「○○大学の入試を勝ちと選りました。」という看板を貰いに行くところなんですよ。

こんなレベルの知能で、企業研究して面接もへったくれもない。大人から見れば、付け焼刃の情報で武装したこんな若者など丸裸の幼児並みです。それに、今の若者の知能は昔より5歳下です。大学生は高校生並み、30歳前でやっと就職活動時の大学生並みです。

これは小学生並みの中学生、中学生並みの高校生を教えている私にはよく分かっています。体の生育は良くても、頭の生育はよろしくない。

だから、学部選びで大学をワンランク下げるなんて愚の骨頂

そんな幼児が自分の進みたい学部がないからワンランク下の大学に行く? 最近よく聞きますが、アホです。学校の教師も「その学部なら、この大学とあの大学。」と偏差値など関係なく並べるて進路先を提示します。クズです。

どうせこの大学生のように大した教育なんて大学では受けない。まともな社会知識も育たない。神戸大学の学生でもこんなです。その辺の私立大学の学生、どれだけ酷いと思います? 面接で気の利いたことを大人に言うなんて無理なんですよ。似たり寄ったりのアホなことを言う幼児では、どの大学の看板を背負っているか程度でしか選択のしようもない。じゃあ、少しでもいい看板で選ぶしかないじゃないですか。

大学生の学部ごときでどんな教育を受けてきたかなんか関係ありません。学部選択や研究内容と言うのなら、理系の修士で専門技術を身につけたときだけその「中身」が考慮されます。特に文系の学部で、国際学部であろうが法学部であろうが経済学部であろうが、関係はない。

もし文系でも本当にやりたいことが大学であるのなら、入るのが簡単になった大学院で京大でも東大でも行けばいい。もっとも、文系では上に書いたようなビジネス系の院で「屁理屈」を学ぶのではなく、資格などの実質を取らないと就職は困難を極めると思いますが。だってMBAなんか持ってても屁理屈だけこねるプライドの高い幼児要らないでしょ? 大塚家具の娘みたいな。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。