オンライン英会話で知る日本の凋落/子供の将来をどう考えるのか、私には分からない

貧しい東欧諸国でさえワクチン接種は終わっている

私はDMM英会話というオンライン英会話をしています。講師は、主にセルビアそしてルーマニアなどの東欧の方、あるいはフィリピンの方です。これらの国々の特徴は、貧しいということです。

日本円に直すと毎日25分で月額6000円程度、すなわち1時間500円程度の私の支払いから給料が支払われます。恐らく自給300円とかなんではないでしょうか? その仕事に、むこうでは一流大学を出て英語がペラペラな人材が応募するのですから、かなり厳しい経済状態です。

その東欧諸国の方に話を聞くと、20才代・30才代の方もほぼ1回目のワクチンは終わっていて、2回目待ちだと言います。

このグラフの通りです。巷では、「感染率の低い日本が後回しにされているのは当然。」などと言いますが、本当なんでしょうか? 欧州で根強い差別を目にした私などは、感染率にかこつけて白人優先なのではないかと勘繰っています。

いずれにせよ、日本の経済力が20年前のような状態なら、こんなことになっていたでしょうか?

この20年に起こったこと

下のグラフを見ると、日本だけが世界から取り残され、経済は縮小し、我々の生活も貧しくなっているような気がします。この貧しさの多くは、一流企業の正社員ではなく、小泉内閣が推し進めた非正規労働者の増加によって引き起こされました。よく言われるように、中流の没落、一部の人間へのしわ寄せが起こりました。

私は、小泉ジュニアをちやほやして「タレントと結婚したんだって!」と芸能人扱いしている方は、豊かな生活を享受しておられる勝ち組なのか、恨みも忘れるアホなのかと思っています。

今後は、非正規雇用という名目ではなく、ウーバーイーツや電通のように個人事業主として契約されるサラリーマンが増え、非正規雇用のデータにも出てこなくなると思います。個人事業主では社会保険も失業保険も年金の補助もありません。雇用の契約期間さえありません。

この結果起こっていること

しわ寄せを食らって収入が減った男には女は寄り付かなくなっている冷徹な現実です。もちろん、中流を維持している結婚対象の男が減るのですから、女の婚姻率も減っています。

少子化対策は、すでに幸せな家庭を築いている男女への妊活や子育て支援より、この膨大な家庭を持てない男女への支援なしに解決はしませんが、勝ち組への妊活などの支援は声高に叫ばれても、負け組の非正規社員の向上は表立っていません。

経済のパイが減っていく日本では、誰かを引き上げることは、他の誰かを引き下げることだから、高齢者も中流家庭も経団連も勝ち組は誰もそんなことを望んでいないのです。

この状況で子供を甘やかせて育てる親など理解できない

以上の冷徹な現実を見ると、勉強もせずにクラブ活動に明け暮れ、うれしい楽しいの結果2流の私立大学に進むことを是認している親などあり得ない。大学卒業後からの60年の人生を後悔と貧しさの中で過ごす惨めな人間を作っているんですから。

公立中学で通知簿が3で埋まっている生徒や、この生徒たちと同じレベルなのに中学受験塾に騙されて金を巻き上げられ関西4私大レベルの大学付属の中学より下位の中学に進んだ生徒など、まともな大学に進める可能性は極めて低い。「通知簿3の秘密/上位から90%の生徒で3がつく」に書いた通りです。

看護師などのよほどしっかりとした資格を持っていないことには、このデーターが示すダークサイドに堕ちることは確実です。

逆に一流大学に進めて一流企業に就職できたとしても、中年になった時にどうなっているか分かりません。だって、下の表から分かるように、日本の企業は完全に時代遅れです。この表から消えた多くの企業ではリストラがされています。

今就職できたのが一流企業だからと言って将来安泰だという保証はどこにもない。日本で唯一生き延びているトヨタでさえ、EV化が進めばグーグルや中国企業がライバルになるんですから、このポジションにいられる保証はない。資本力がこれだけ違うアメリカや中国の企業が桁違いの研究開発投資を行い、しかもむこうはIT技術や自動運転技術はお手のものなんですから、私は競争は難しいと思います。

「イヤイヤ、自動車はボディもシャシーもある総合技術だから、ポッと出のグーグルや中国企業なんかに真似できない。」と言われる方も多いですが、じゃあ胡散臭いイーロン・マスクが作ったポッと出のテスラの自動車としての出来の良さは何なんでしょうか? テスラのように技術など簡単にコピーされて大差なくなり、運転制御のソフトウェアが更新されていくパソコンやスマホと同じ運命をたどると考えて間違っているでしょうか? 今、日本のパソコンやスマホって日本以外でどれだけの方が使ってますか? ほぼ皆無です。全てアップルと中国や台湾、韓国の製品です。

私なら?

分かりません。でも子供の能力に依存すると思います。

出来る子なら、医者にするか、大学は日本に行かせても、理系でも文系でも修士から外国に放り出すと思います。できない子なら、看護士などの確実な資格を取らせると思います。

問題は、ソコソコの私立大学に行くこの中間なんですよね・・・結局ソコソコの企業に就職して、会社の命運次第でいつリストラされるか分からないサラリーマンになるしかない。かといって、専門学校に行って資格を取れと言う訳にも行かない。難しいです。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。