化け物たちのピアノ/圧巻のロシア編

音楽とは格闘技である!

私が知る最高のラフマニノフ・・化け物です。ブロンフマンは上手いけど、スリリングさがない。

この曲のカデンツァには2種類あって、オッシアという重和音まみれのカデンツァを弾いています。

体の芯からロマノフ王朝 コイツのリストの巡礼の時は素晴らしいです。
(化け物+ロマノフ王朝+リヒテル的なクリアさ)÷3=ロシアごちゃ混ぜ?

結論:ピアニストは体が資本/体重100kgが基本

どの演奏も魂が持っていかれるほど素晴らしい。

例外:イタリアの痩せっぽち

完璧というのは、このピアニストのことを言う。故障前まででは、未だにNO.1だと思う。

この演奏も凄いです。複雑で速いフレーズでも音が全く重ならない。重音や重和音は音の出だしもボリュームも寸分の狂いもないから単音に聞こえる。だから、 音の出しから消えるまで、すべての音がクリアでブリリアントに聞こえる。こんなピアノを弾くのは、後はリヒテル、それにプレトニョフくらいしか知らないが、やはりポリーニが頭一つ上だと思う。

この体格で、こんなピアノを弾いていたから、無理がたたって故障したんじゃないんか・・・?

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。