コロナと個人情報/個人情報より優先するもの/個別オンラインでフォロー

いくら隠しても分かる情報は正しく教える方が良いのではないか?

家族の方がコロナ陽性になって塾を休んだ生徒がいます。濃厚接触者で2週間も休むのですから、周囲は当然気が付きます。ここで、何も言わずにいた方が良いのかどうか私は考えました。

そこで私は、濃厚接触者だが生徒本人は陰性であると正直に周囲の生徒に知らせました。ある生徒はには「そんな情報を言っていいんですか?」と言われましたが、私はこう答えました。

「この時期に2週間も休むのだから、当然君たちは何で休んだのか気にする。疑心暗鬼になる。そうしたら陰性と伝えれば、キミたちも家族も安心するし、本人が塾戻ってきたときのためにもいいんじゃないのか? 個人情報の保護が何でもかんでも優先されることではないと判断している。」

個人情報の保護は悪用されるだけだと思う

この個人情報の保護のため、虐めの情報を学校は出さないし、都合の悪いことはすべて隠蔽します。役所も企業も同じです。だから、被害者などになった時に、警察などが捜査権を持って介入するしかないことになる。何もかもダダ洩れの管理はどうかと思うが、今となっては個人情報保護は組織に悪用されている感の方が多いように感じます。

そこまで行かなくても、今回のコロナの件などは、どうせ分かることなのだから、正直に話す方が良いのではないのか? 陰性の場合は周囲も安心するし、本人のためにもいいでしょう。陽性の場合でも、周囲は疑心暗鬼にならずに、体調に不信があればすぐに医師や保健所に連絡して検査を受けられます。感染も広がらない。

この時期、陽性になったからと言って、何も本人が不埒なことをしていたなどとは誰も思わない。可哀そう、運が悪かったとしか思わない。だから、取り立てて隠し立てするほどのことではないように思います。

インフルエンザの感染、学校で隠しますか? そろそろコロナも同じだと思うんですけれどもね。

私の塾ではすべては隠しません

それ以外にも、生徒の不名誉や都合の悪いことにならないのであれば、個人の情報を私は使うことがあります。

例えば「あの成績の子供が、あれだけの勉強をしてるのに、お前さんはその勉強でどないしてそんな大学に進もうと考えているねん! 横に行って勉強見させてもらって、反省して来い!」と生徒を指さして恫喝します。あるいは、「同じようなテストの点数と学年順位で、通知簿がまったく違う。何が原因なのかよく考えてみようやないか。」と生徒を諭すこともあります。

すべて情報を隠匿して、周囲の生徒とのライバル関係も築けず、自分の都合の良い情報だけを受容する学習環境など、必要ないと私は判断しています。幸い、私の塾は様々な学校の様々な学年の生徒が同じ空間で学習しています。同学年のライバル、違った学校のカリキュラム、成績の良い生徒の学習は生徒の良い刺激にになるはずです。

こんなことは、個別指導である程度以上のレベルの生徒を集められる塾だけが可能です。そして、「アノ子を見てみろ!」と言えるのは、各生徒の学力を把握している私がいるから可能なんです。そんな素晴らしい環境を活用しないでどうする。

ホームページの現在教えている生徒の学校から分かるように、私の塾にはトップレベルの私立からソコソコのレベルの公立の生徒まで来ています。補習塾と化してアルバイトが学力不足の生徒を教えて補習塾化している個別指導塾や学年別でほぼ同じ学力の生徒が集められている集団塾ではない環境です。

個人情報を刺激に出来ない生徒は採らない

こういう情報を塾で言っても、中位以下の成績の生徒では全く受け取らず、全く無関心です。成績の良い他の生徒のことなんか無関心です。自分の横で高校生の学習をしている・入試問題を既に解いている同学年の中学生・高校生がいるのに、「なんで漢字おぼえる気がないねん!」と怒鳴りつけられて私に不満そうな顔をしている中学生や英文法を何周学習してもスッカラカンにおぼえる気もない高校生など、教えようなんてないですよ。

周囲に無関心な低学力の子供で、学力や成績が上がった生徒は、過去20年間の経験でお目にかかったことがありません。

都合の悪いことに目を背け、優れた情報を遮断して、いつまでも安直で安楽な場所に留まる人間など進歩しないんです。いくら学習を教えても、努力して身につけないといけないことなど受け流すだけで、まったく学力など向上しません。

こういう生徒は、お預かりしません。

塾でもフォローしますよ

コロナでも陰性だったら2週間は長すぎなんじゃないですかねぇ。インフルと同程度でいいんじゃないかと思います。濃厚接触の状況が解除されて症状がないのなら、1週間後に再検査で陰性なら通常に戻っていいんじゃないでしょうか?

当塾では、学習に後れをきたさないように、メールやラインで学習状況の進捗を確認することにしました。併せて、必要があれば、ラインやスカイプの映像授業でフォローします。通常授業と同じ1日3時間半とはいきませんが、必要な時間は確保していこうと思います。加えて、youtubeなどで見ておくべき動画を指定したりします。

「ご休憩」中は、たんまりと勉強してもらいますよ!

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。