二兎を追うものは一兎も得ず/塾に行くこと・塾を変えることだけで成績を上げようとする愚かさ

クラブも、習い事も、成績もと言うアホな子供たち

学習が上手く行っていない、志望校の学力に到達しないから塾に行って何とか解消しようとする生徒は多くいます。あるいは、塾を変えようとする生徒はいます。でも、その目論見は上手く行かない場合の方が圧倒的に多いです。

上手く行っていない生徒が目指すのは、それまでも塾に通って「頑張ってきた」生徒の学力と志望校なわけです。多くの場合、自分よりデキの良くそれなりに頑張ってきた生徒に追いつき追い抜かないといけないわけです。それなのに、今までと同じようにクラブ活動や習い事を続けて、今までと同じ努力だけで、違うのは塾に行くということだけ・塾を変えることだけで、成果を求めようとする。

そういう子供は、多くの場合自分より出来が良くそれなりに頑張ってきた生徒と同じことをして、あるいはそういうライバル以下の努力で、追いつき追い抜きたいと言ってるんです。

愚かにもほどがある。

こういう生徒に徹底的に抜けている所:客観性

塾の説明会で「好きなことをやり続けて成績が上がらず、何かを犠牲にしてもライバルを蹴落とすという覚悟もなく、今のような状況に追い込まれても尚好きなこともやり続けたい。それで、追い込まれても人並み以下の努力しかする根性しかなく、どないして自分よりデキのいい生徒を追い抜くねん?」私は真顔で聞きます。

「その大学に行きたいのなら、クラブを辞めて、すべての時間を学習に捧げろ。でないと引き受けない。」と国立大学に行きたいなどと舐めたことを言っている生徒には言います。

すると半分は「理屈はその通りやけど、そんなことでけへん。」と言い出します。高校生ともなると、真っ向から「なんでそんなこと言われやなアカンねん。塾に来て頑張る言うてるんやんけ!」と反論するか不愉快極まりないという表情ををする生徒も多いです。

こういう自分の気持ちと主観しかない生徒はまずお引き受けしません。

人より頑張らずに、人より我慢せずに、人以上の成果を得たい生徒は来ていただかなくて結構です

もちろん、そんな根性と覚悟しかない生徒の成績など上げられるはずもないからです。その上、こういう甘い生徒は「塾に行ってるのに成績が上がらないのは、塾が悪い。」などと言い出して短期間で辞めることがほとんどです。生徒の募集も大変になるわけです。

いいですか! 出来の悪い生徒に四苦八苦して前学年の基礎から教え直さないといけない状況で、クラブ活動が終わってからほんの少ししか努力もせず、土日もほとんど学習しない高校生の成績なんか上がるかい! 一生モノの学歴を舐めてるんか?

こういう自己反省のかけらもない自堕落な人間に「あの塾に行っても成績なんか上がれへん。」なんてことを、なんで言われないといけない? 他の生徒を追い抜くというのなら、そのライバル以上の努力をする覚悟がある生徒しか成績は伸ばせませんし、引き受けたくありません。また、そのことを分かっていただいている親御様のお子さんしか引き受けません。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。