EYE IN THE SKY/映画を越える現実/日本の現実

7年前の映画

まだ絵空事でした。ビン・ラディン殺害も実部隊の突入でしたから。因みに、この英会話、どの程度聞き取れますか?

2022/05/03

自衛隊に人も戦車や戦闘機みたいな重機もそれほど要らんやん。格好の的になる重機は歩兵やドローンが運べる小型高性能兵器に結構やられるようです。その分を標的を調べる諜報とハッキングに使った方がいいと実感させられます。それに、核ミサイルを積んだ原潜があれば、安上がりでエエんちゃうの? 

諜報活動もなしにどこから発射されるとも分からない「ミサイルを撃ち落とす」という出来もしないことに大金を使っている日本って、本当にバカだと思います。アメリカにスイッチを握られたままの「核シェアリング」なんかでお茶を濁そうとしている日本に将来はありまへんで。

でもね、日本は商業用のドローンも作れん国になったのです

アメリカの企業が、五島列島で診療所や薬局に薬やワクチンの宅配を始めたらしいです。協賛企業はトヨタ系列のトヨタ通商です・・・自分とこで作れんのか~い。昔なら、こんなショボい機械を日本が開発できずに外国企業に参入されるなど、考えられなかった。

ワクチンからドローンまで他国の技術をあてにするなんて、日本は開発途上国に成り下がったんですな・・・だから、給料水準も韓国にもイタリアにも抜かれたんです。

今日の結論

日本の一流大学に行って、一流企業に行って、それで未来はあるんですか?

イラク戦争のときは「アメリカの兵器って凄いなぁ・・・」と感じ入りました。でも、電器産業も自動車産業も日本は世界一でした。

今年のウクライナでは、「もう日本はITから機械の実物、ワクチンのバイオまで、技術では太刀打ちできない。それだけでなく、パンデミックの経済政策に至るまで、何もアメリカには勝てない。この分では、恐らく中国にも勝てない。」と感じざるを得ません。私が若者なら、日本で将来を考えようなんて思いもしないでしょう。

私が若者なら、大学は日本の大学に行きますが、大学で語学を必死で勉強して、院はアメリカかシンガポールに行きます。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。