サッカー・ワールドカップ/残酷な現実

1990年

まったく任意に選んだ動画です。注目するのは試合ではなく、フィールドを囲んでいる看板です。試合も日本とは関係ありませんが、それでもキヤノン、ビクター、フジフィルム・・など日本企業が半分を占めています。テニス、ゴルフ、F1・・すべてのスポーツイベントで同じような感じでした。日本企業の看板があるのは当然だった。

日本が世界の頂点だったことを如実に示す証拠です。

2018

どこかに日本企業の看板ありましたか? 漢字の看板があったと思えば、中国企業のです。

結論

これほど見事に凋落するとは、私は思ってもみなかったです。2018年より4年経って日本の現状はさらに酷くなっています。生徒の親や祖父の世代は、日本が頂点だった頃に生きた世代として後世に記録されることでしょう。

今の子供が大人になった頃には、ワールドカップやオリンピックなど日本で開催しようにもできない国になっていることでしょう。

サッカーに興味がない私/この分野でも・・・

2022年には、連続で優勝していたホンダが王座を明け渡しました。ホンダは、この分野では追随を許さない巨人だったのに・・・ホンダもヤマハもKTMには負けて欲しくないです!

それにしてもトラクション・コントロールの威力は凄いですな。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。