公民のお勉強/ウクライナで専守防衛の意味を知った/いや、代理戦争やろ?

平和憲法=日米安保の夢

 「専守防衛」って方は、アンパンマンのイメージしかないんじゃないですか? 現実を見ると、相手の攻撃から守るだけっていうのはウクライナのようになることですよ。

核放棄・専守防衛/守るだけではこうなりますよねぇ・・・

だって、ミサイル全部撃ち落とせるわけないじゃん。ミサイル防衛システムはアンパンマンほど優秀じゃないです。それで戦力を壊滅させたら、上陸して一般市民の殺戮にレイプとやりたい放題です。

ウクライナの夢/日本の夢=専守防衛の本質?

平和憲法と専守防衛の真意は、侵略された国に主要国が武器を供給して「これを機にロシアの政治体制を潰しちまおう」という代理戦争のため、玉砕覚悟の戦闘を強いられるというものでしょうか? 

何しろアメリカの大統領が言ってますから・・・政府は慌てて否定しましたけど。だって否定しないと、私のように勘ぐる人間が多くなるわけで、対ロシアにだけはなくウクライナ・日本・台湾に対してまずいからだと思うんですよ。

中国相手に台湾や日本でも同じことが起こるんじゃないですかね? 日本を焼け野原にして日本人を玉砕させても、アメリカに損害が出ないようにして邪魔な中国を弱体化して共産党独裁転覆を狙うんじゃないでしょうか?

日米安保って同盟だというけど、ウクライナに核放棄させて国際的な約束を守らずに焼け野原にしているアメリカをどう信用するんですかねぇ。

ブダペスト覚書(ブダペストおぼえがき、英: Budapest Memorandum on Security Assurances)は、1994年12月5日にハンガリーの首都ブダペストで開催された欧州安全保障協力機構(OSCE)会議において、アメリカ合衆国、ロシア、イギリスの核保有3カ国が署名した覚書であり、内容としては、ベラルーシ、カザフスタン、ウクライナが核不拡散条約に加盟したことに関連して、協定署名国(つまりアメリカ、ロシア、イギリス)がこの3国に安全保障を提供する、という内容のものである。

「降伏したらいいじゃん」橋下学派の妄想と現実

ロシアより中国の方が、比べ物にならないくらい強力でしぶとく徹底している。おまけに、残虐さはどっちもどっちだと思います。この中で何人生きて帰ってくるんでしょう? それに、若い女性なんかはどういう扱いをされるんでしょう?・・・簡単に想像できると思いますけど?

まともな判断?/フィンランドがやられてもNATO諸国は攻撃しないと思います

NATOに参加するフィンランドと国際的な約束を公にしたウクライナの違いが分からない。アメリカやイギリスが他国のために核ミサイル被弾覚悟で戦うはずがない。もちろんフランスもドイツもです。NATOや日米安保の条約破っても、誰も逮捕してくれないですから。NATOもブタペスト合意も同じだと思います。

フィンランドもウクライナも、主要国の安全地帯としてアフガニスタンのような武装中立地帯になるしかない。もちろん日本や台湾もです。

もっとアホな判断?/核シェアリング

日米安保と核の傘前提で一歩踏み出したことになるんすか? ブタペスト合意を反故にしたアメリカに?

金融緩和して財政出動はせずに増税までして経済をメチャクチャにした元総理の発言はさすがですな「今日の小論文/日本の生産性が低い件」・・・スィッチをアメリカに握られている限り、核の傘でも核共同保有でも同じです。自前で持たないと意味はない。

でも、大阪を中国が核攻撃しても「検討する。」としか日本の首相は言わないから、自前で核兵器持っても同じかもしれないですね!・・・そんなこと、中国はよく分かっていますよね。

私的には

でもね、とりあえずは、敵基地攻撃に必要な大量のミサイル、上陸した相手を殲滅させるくらい大量のドローンと小型兵器をお願いします。さらに、相手の公共施設をマヒさせる強力なハッカー集団もお願いします。それに保険として核ミサイルを満載した原潜を東シナ海に潜らせれば、今よりも安く、アメリカよりも頼りになるんじゃないでしょうか? ホリエモンにも融資して偵察衛星をいっぱい打ち上げてもらいましょう。

何より、「こいつやったらスィッチ押すかもしれんぞ」というようなプーチンみたいな首相を望みます?

因みに、SDGsの安全保障

さすが、ジェンダー平等の先進国ですな! 徴兵制も男女平等!! キレイごとだけ、都合の良いことだけのSDGsはないようですな!!!

ノルウェー、スウェーデン、オランダ、イスラエルでは女性も徴兵されます。そうならないように、脅せる武器って必要だと思いませんか?

北方系の女性って、日本人男性より体格がいいですからな・・・・それにしても前線配備を目標にしたマジな徴兵ですな。夫婦喧嘩できませんな!

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。