今日の親御様/お付き合いしたくないですねぇ・・・イヤ、被害者の子供の親の方ね

親バカではなくバカ親

6日朝、兵庫・明石市の中学校で男子生徒を押してけがをさせたとして男が逮捕されました。男は、男子生徒の同級生の父親でした。調べに対し、男は「押したことは間違いないが、息子をいじめる生徒になぜいじめるのかを問い詰めようとした」と話していて、警察が詳しい状況を調べています。男の息子はこの学校に通う生徒で6日は学校を休んでいました。

詳しくはまだ分かりませんが、この加害者の男の子供が本当にいじめられて学校に乗り込んだのだとしたら、まずは責めを受けるべきは学校です。

でも、ここまでは分かります。分からないのがケガをした子供の父親のコメントです。「同級生同士のけんかではない。大人に(やられて)怖かっただろう。学校に簡単に入れる体制を考えてもらいたい」これは、この父親も子供間の争いでけんかがあったと認めているのかもしれません。学校を休むまでいじめられた子供の親が激高するのは当然じゃないのでしょうか?

こんなことを言う親だから、イジメをするような息子が育ったと思わざるを得ない。遺伝か環境かその相乗かは分かりませんが。私は加害者の父親の子供は塾に入れますが、被害者の父親とは関わり合いにはなりたくありません。

しかし、このニュースも酷いですね。わざわざ「建設業の男」なんて報道して、加害者の父親の暴力的なイメージを植え付けている。SDGsなんて言っていて、こんな報道をよくしますよね。

塾での親バカ/ウチの子のためだけに日曜日も働け!

当塾は月曜日から金曜日までの午後6時から9時半の間、いつ来てもいいようにしてあります。多くの子供はほぼ毎日来ます。中学の下の学年では週3回程度が精一杯なので、そうしている子供もいます。

毎日各々が違うカリキュラムを私が直接教えているので、英文問題精講のような面倒な英語長文の文法の丁寧に解説しながら、一方で国立大学の数学の入試問題を聞かれ、傍らで化学の重要問題集を聞かれ、その横で中学生に天体を聞かれる・・・というようなハードなことも多く、私も月曜~金曜日までで精一杯です。

ところが、ずいぶん前に、「子供は月曜日に小テストが毎週ある。月曜~金曜日はクラブや通学に時間がかかるので、塾に行けてもその日の復習で精一杯になる。それに習い事の兼ね合いで小テストの準備は日曜日にしかできない。だから、毎週日曜日に、子供が電話かメールで随時質問するので、それを待っていかなる時も返答して月曜日の小テストに間に合わせてほしい。」という入塾希望の方がおられました。

お断りしましたよ。一人のために、日曜日にずっとスタンバイしておけと私に言っているんです。恐らく、自分の子供のことで頭が一杯で、何を依頼しているのかもお分かりになっていない。私は業務の大変さより、こんな親と関わったらえらい目にあわされると思いました。

日曜日に好きなことを質問したいなら、日曜日に開いている1対1の個別指導に行けばいいんです。でも、私の塾なら週2コマ程度の1対2の個別指導の料金で毎日来れるし、個人経営なので日曜日も頼めばやってくれるかもとお考えだったんでしょう。

こんな親に限って

こういう無理な注文をして来る方に限って、直ぐに塾を辞められるんです。無理な注文とは、上の方のように「いついかなる時も私の要求に応えろ。」から、「偏差値50なんですが、クラブも今まで通りに楽しみ、クラブ後も楽しいことがいっぱいあって、その後の時間でサクッと勉強して最低関関同立、できれば国立大学に行かせたいんです。」まで様々です。

お断りします! どうせ「金取るんだから、何でもできるでしょ?」と軽くお考えになっているから、こんなことを言って来れるんです。

でも、引き受けた方は顧客の要望に応えようと一生懸命対応します。それに、その親の子供も、遺伝か環境かは分かりませんが・・恐らく遺伝だと長い経験で思いますが、同じような態度のことが多い。だから、そもそも所詮無茶な要求の上に、子供にも問題があることが多いので、こちらがいくら頑張っても応えきれないことが多いです。そうなれば「じゃあ、アッチに」とさっさと捨てられます。「生徒の皆さんに分かって欲しいこと/上位の学校に進みたければ相応の努力が必要だと言うこと」「無力感/大学を高望みしておきながら、少し厳しい学習を求めると退塾する生徒たち/塾で成績を上げても無駄

こういうメチャクチャなことを言って来られる方の相手をすると、すぐに辞められる金銭的苦痛に加えて精神的な苦痛を味わうことになります。こういう方とはお付き合いしたくないですねぇ。

その他の親バカ

当塾は私一人で運営しています。授業料もできる限り抑えています。夏期講習で10万円払えなど言いません。それに私が直接教えることができるように生徒数も絞っていため、それほど利益は上がりません。土曜・日曜に人を雇って塾を自習室に開けるなんてできないんです。

ところが、高い授業料を取る予備校では「いつでも自習が使える。あなたの塾はなぜそうしないの?」と言って来る方がおられます。私の塾は予備校と違って月曜日から金曜日まで、午後6時から9時半まで、ソコソコの授業料で毎日来れるんです。そこで、20年以上のキャリアを持つ私が、その生徒にあったカリキュラムをオーダーメイドして全員を教えているんです。夏休みや春休みはそういうご要望にもこたえて、午後4時から開けるようにしました。それで月額40,700円です。夏春とも追加は一切ありません。

予備校や塾が、部屋を借りて人を雇って、自習室を無料で運営していると思ってるんですかねえ、こういう方は。その分が上乗せされた授業料だと言うこともお分かりになっていないんですよ。

それで、ご不満ですか? 私は毎日毎日責任を持ってキッチリ教えて、子供が相談したいだけ何時間でも塾の後にしっかり進路指導もしますよ。先日も夜の11時近くまで子供と話しましたよ。それでも、「土日に自習室が空いていないから不満。」というのであれば、どうぞ自習室が空いている予備校にでも行って下さい。

自分がいくら払って、どれだけのサービスを受けているのかも分からないからこんなことになるんです。「「塾で一番成績が伸びている生徒の違い/真ん中ぐらいの成績がトップクラスに」の生徒の顛末

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。