秋が似合う旧都が生んだ官能的な音楽

もう、京都は・・飽きたんです

この秋だけで7回行きましたから・・・ここに行きたい

ブダペストと言えば、この作曲家ですな

静謐で間接的的官能を身の上としてきたバルトークにしては直接的な官能表現の音楽です・・・当時、なんか爆発があったんやろか? 男が弾いても、この曲はダメです(偏見)。やっぱ、この曲はこういうクセ者の女が弾かないとエロくないですな。でも、冒頭の録音が・・・途中まで伴奏とも合っとらん(怒)!

このヴァイオリニストの暴走し放題のソロ

さすが、モラヴィアの女! 東欧感満載ですな。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。