教えても成績が上がらない生徒が一発で分かる図があります

オームの法則を図でないと理解できなければ、中学2年生の時点で厳しい

オームの法則

この図をご存じでしょうか? およそどの問題集にでも載っています。どの塾でも教えます。意味はV=RIです。電力(ボルト)=抵抗値(Ω)X 電流(アンペア)ということです。

今公立中学の半数以上の生徒は、この図がないとオームの法則の問題を解けません。なぜなら、R=V/Iと変形して抵抗値を出せないからです。丸の上は丸の下で割ると教えないと解けないんですよ。ということは、時速×時間=距離、%など、すべての単位計算が解けないということを意味します。

これは単位の概念が理解できず、その概念を表した数式を全く扱えないことを意味します。目の前に「現象」としての絵図がないと分からないんです。だから、V=RIなんか教えずに、この図だけで説明する塾もあります。補習塾ではそうならざるを得ないです。

お分かりですね?

V=RIという簡単な比例と反比例の関係式も扱えないということは、今後出てくるすべての理数系科目がアウトになるということです。高校の数学など、絶対にムリです。

だから、こんな簡単なことを塾に行って、わざわざ図で教えてもらい、それで何とか70点を取って来るような子供は高校の理数系科目は全部アウトです。こんな図を教え込まれて「点数が10点上がった。70点になった!」と喜んでいる時点で、理系選択などありません。「簡単に分かる理系向きの子供 | 特進個別塾ミドリゼミ芦屋校|定額で毎日プロが個別指導 (tokushinkobetsu.com)」の通りです。

オームの法則で決める中学2年生の選択

オームの法則は中学2年生の2学期に学習します。中学2年生のお子さんをお持ちのお母さん方、塾の宿題の理科のノートを見てください。こんな図を描いて解いているようでは、選択は2つしかないです。

・なんとか70点、通知簿で4を取れる場合・・・・甲南でも武庫川でもいいから、相応の大学がついている付属校に放り込む。どうせ一般入試で大学受験をさせても、このランクの大学に行ければ御の字になります。間違いありません。だって、通知簿なんとか4で進む高校は芦屋高校レベルです。クラスで10番くらいにいないと、甲南も武庫川も行けません。

・通知簿4が取れない場合・・・どこの高校でもいいです。ただ、放っておけばFランク大学に自己推薦して無試験合格になります。だって、芦屋高校レベルの学校に下の方の成績で入るわけでしょ? だったら、就職もないそんな大学に進ませるのではなく、看護士などの確実に食っていける資格が取れる大学や専門学校に進ませましょう。それ以外に何か良い選択肢はありますか?

親心は子供を潰す武器にもなります

そんなこと言われても、「親心から納得できない」「可能性を否定するな!」、というのは私もよく分かります。けれど、その親の欲目が結局子供の将来を潰すことがとても多いということは、くれぐれもお忘れなく。

だって、下の数列の公式は、数Bですべての高校生が学習することを義務づけられています。文系レベルなんです。V=RIが理解できない子供がどうやって扱うんですか?

a1=2 an+1・an=2√anのような数列をどう解きます。数Bですべての生徒が学ばない解けません。

「自分の子供は違う」は禁句

「自分の子供は違う。」とお考えなのは、その子供の親だけなんです。会社で若手社員を見ていてどう思います? あれは若手社員であると同時に、全員他の親御さんのかけがえのないお子さんなんです。それぞれの若手社員の親は「自分の子は違う」と、あなたと同じように思ってるんですよ。

でも、「こんなヤツ、アカンわ」ってあなたは客観評価するわけですよね。他人に「コイツだけは違う!」なんて欲目は持たない。その会社の査定も偏差値の合格判定も全く同じです。好き嫌いや気分的なものがないだけ、偏差値の方が公正です。それを否定するのは、ひとえに親心で目が曇っているからです。親心は子供を潰す最強のツールにもなるんですよ。

親心は客観性を担保した上で、会社での他人への評価とは違って「こんなヤツでも、なるべくいい人生を歩けるようにするにはどうしたらいいか。」と心を砕くものではないかと、塾のオヤジは思うんですよ。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。