恐るべし、シルバー人材センター!並みの塾は潰されますで/それに比べて学校・クラブ活動が害悪でしかない件

驚いた中学2年生の英語力

今月から入塾した中学2年生に、今年改定になって難しくなった英語の教科書を教えていました。

Everyone knows・・・・・. という教科書の文章に、「なんでみんなやのに三人称単数やねん? 知ってたか?」と私は聞きました。この問いは普通中学生は答えられません。高校生でも1年生なら優秀な一部の生徒以外は答えられないです。するとその生徒は「知っています。前に行っていたところで習いました。」と言うんです。こんなことはもちろん学校なんかでは教えません。中学2年生にここまでキッチリ教えている塾が近所にあることも、私の経験からでは知りません。私は正直驚きました。

それから、その教科書の準拠問題集をやらせたところ、onlyやlongの発音の違いを聞く問題でou とcの左右反対のoを正確に答えたんです。

そんなことまでキチンと教えている塾や英会話教室などお目にかかったことがなく、恐れ入って聞きました。「どこで勉強してたん? 後学のために聞かせてくれへん?」・・・そんな塾があるんなら、強力なライバルになるやんけ(怒)!

その強力なライバルの塾の名前は

その生徒は答えました。「シルバー人材センターの英語の教室みたいなところで小学校で2年ほど通っていて・・・モゴモゴ・・・」

私は虚を突かれました。そら、そこならベテランで優秀な人材は揃っています。仕方なく面倒くさそうに教えている学校や塾の教師などではなく、自分から進んで子供たちに教えたい英語の元教師や海外駐在が長かったビジネスマンまで揃っています。

・・・なるほど・・・私の塾はその辺の塾には負けへんけど、シルバー人材センターが本気になったら潰されるカモ・・・ってちょっと心配になりましたよ。何しろ、アチラは年金もらってヤリガイ>給料ってところがありますから、太刀打ちできない。

さらに聞くと、教えていたおばあちゃんは元教師とのことです。その辺の学校や塾で週1回ほどの授業で小学生に三人称単数を完璧に理解させ、ある程度の不定詞も動名詞も教え、母音の発音まで正確に教え込める優秀な教師など、私は知りません。こんなスゴイ人材をシルバー人材センターで放置していてエエンか? 私が私学や集団塾の経営者なら三顧の礼を持って雇用します。

ところが、ここでも害でしかない学校とクラブ活動

しかし、その生徒はブラスバンド部に入るためにその素晴らしい教室を中学校入学時に辞めたんだそうです。

「アホやなあ、その優秀な教室で勉強続けていたら中2の今頃には、高校の範囲の英語教えてもらって通知簿は楽勝の5やで・・・。」って私は本人に言ってしまいましたよ・・・。その子の他の成績を考えれば、葺合の国際科でも神戸高校でも思いのままになっていたでしょう。ホンマ、本業の邪魔をするクラブ活動なんてアカンと思います。

だって、その中学生は小学校でその教室で学んでいた時から、英語力は何も進歩していませんから。そんなことしか教えられない学校でクラブ活動なんかの旗を振ろうなんて、害悪でしかないんだよ! その無駄話をしながら教えた昨日、今の狂った中学の教科書で、 He had nothing to do.という教えもしていない文法の不定詞の用法が出て来ているのに、教師は文中の不定詞もその用法の説明さえしていない。

受動態も習っていない中2のこの子の教科書 の同じページにHe got bored.っていう高校で学習するレベルの受動態の狂った文も載っていたんですが、受動態の説明もせずに、かと言ってboredを分詞=形容詞として考えて第2文型で教えるのかの判断も学校ではせずに和訳を言っただけ。まあ、無茶苦茶な教科書で教師も苦労してるんでしょうが、それにしたって何の説明もせずに和訳言うだけなんてダメです。

でも、シルバー人材センターの教室に今も通っていたなら、この生徒の能力ならキチンと理解できていたはずです。こんな授業しかできずに優秀な英語教室をクラブ活動のために辞めさせる教師も学校もダメダメです! ついでにこんなアカン教科書作った文科省も潰れたらエエねん。「NHKからさめざめと学ぶ教育方針/3日連続の日本下げ」みたいな時代に、こんな優秀な英語教室辞めさせて毎日役にも立たないラッパ吹かせるなんて何考えてんだ?

我が塾の対応

このアカン教科書で、今月から来た生徒に対してまず5つの文型を教え、そして不定詞の名詞用法が文型の構成要素であること、形容詞・副詞の用法が完全な文型の文章を修飾している用法であることを教え、形容詞的用法が主語や目的語として、あるいは前置詞を介して修飾していることを教えました。

そして英語として目的語を主語に持ってくるのが受動態の構造であることを教えWno does she love?とWho loves her?を受動態で書き換えれるレベルにまでし、最後に He got bored.とは受動態のbe動詞がgetに変わった形式で高校で学習する受動態であることを教えました。

もちろんinterestやboreなどのThe book bores me.というような形式をとる動詞の受動態では、分詞は形容詞として分類されるので He got bored.は第2文型のSVCとして教えたつもりになっているので学校の先生は和訳しか言わないこと、そしてこれだけの未学習の内容を一つのページに乗せているアカン教科書であることも教えました。

教え、問題集を解かし、この生徒は3日でこの内容を仕上げました。素晴らしい。 この文法学習で宿題は出していません。塾内の学習だけです。

こういう生徒が欲しいから、定員オーバーしてまでこの生徒は採ったんです。こんな生徒にラッパを吹かせるだけで、なにも教えていない学校なんて潰れたらいいんです。学校行くだけムダです。

シルバー人材センターって植木の選定や掃除だけじゃないです

私たちが及びもしない能力と経験を持った人材が、この人手不足の中、中高年というだけで退職して、あるいはリストラされて、働いているかもしれません。私やその辺の学校や塾の教師なんか足元にも及ばない優秀な人材がいるかもしれません。

一度覗いてみるのも手ですよ!

むやみに中高年をリストラして、今のダラケ切った若者を雇っている日本の企業って、ホンマにアホやと思います

シルバー人材センターさん、本気になって塾を作らないでね!

料金度外視・半分趣味で優秀な元講師やビジネスマンを揃えて塾を作られたられたら、どんな営利企業の塾も太刀打ちできまへん。芦屋でそれだけはやめてね!

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。