阿武町4630万円の行方の妄想/ということで噂のweb3.0とポルカドットとNFT/逆を行くバフェット

以下の記載は私の誇大妄想です。実際はマネロンなんて面倒なことはしてない!・・・と思います。本当にカジノでスッたのかもしれないし、現金引き出してどこかに隠してるのかもしれませんね・・山陰の田舎ですから、その辺の山に少し穴でも掘れば・・・って決済業者の口座に入れたままやったんかい!間抜けすぎる・・・

私の(誇大)妄想

日本の取引所で仮想通貨に替える。その後仮想通貨間で取引を繰り返して、NFTなども介して最終的にどこかで誰かのウォレットに入れる。最終的に海外の取引所で現金化する。これ一番シンプルなマネロンですね!

少し前に聞いた話だと、仮想通貨の取引所からマネロン疑惑で日本に報告があった取引は6000件だったそうな・・・これ、海外の取引所も全部ちゃんと報告してるんですかね。それに、ブロックチェーン間の直接取引まで全部調べられるのか?

ということで、少し前から話題のポルカドットです

私もあまり知りませんが、ポルカドットっていうのは、仮想通貨間で取引ができるブロックチェーンらしいのです。簡単に言えば、ビットコインをポルカドットというブロックチェーンを介してイーサリアムに両替できるんです。おまけに、このポルカドットは取引所などより手数料に値するものが安いらしい。

取引所やグーグルなどの大企業のプラットフォームを利用することなしに、ブロックチェーンなどの不特定の認証で資金などが動かせることがウェブ3.0のポルカドットなんだそうな。ブロックチェーンで監視されてはいるが、「突然ですが、こちらの思惑で勝手にあなたのアカウントをバンしますby twitter」みたいな大企業や政府の思惑は入らない。ロシアのオルガルヒも仮想通貨を持ってたらよかったのかも?

だからどの取引所から報告されることもなく4630万円をポルカドット上でぐるぐる回して、仮想通貨を次々に交換して行ける。ブロックチェーンだとは言え、ぐるぐる回って取引所も関与していない交換を捜査当局が把握しきれるのか?で、最終的に、何らかの形で現金に換える。そのためには、NFTで少し値の張るアートなどにブロックチェーンを洗浄するのもいいかもしれません。

ところが、その可能性に満ちたポルカドットが、今回の仮想通貨の下落で暴落しているのであります・・・やっぱりバレるからなのか?

このポルカドットに相互交換性を認められる仮想通貨はまだ少ないです。それで先行者利益を得ようと、ポルカ認定仮想通貨を発行するためにシンガポールでベンチャーを興した日本人もいますが、そのASTRという仮想通貨も暴落であります。

有名どころでみんなが買うビットコインとイーサリアムは半額くらいに落ちましたが、他の弱小仮想通貨は1/10の世界です。

NFTとNTRの区別がつかなかった私・・・

NFTというのは、この仮想通貨のブロックチェーンというセキュリティ・システム上で売り買いできるデジタルコンテンツ、まあデジタルで記録されているゲームや音楽それに絵などのことです。そのコンテンツのデジタルデータがブロックチェーンでオリジナルだと分かるので、著作権のような価値を付随させられるのだそうです・・。ウェブ3.0だからサザビーに莫大な手数料を取られることはない。イサーリアムやASTRなどの仮想通貨にこの機能があるのだそうな。

そこで、NFTなんか分からない俗物の私は「NTRがデジタルの電脳世界でアートになったのか?3Dですんごいのか?」と感嘆していたわけです・・・泣。

一番安定感のあるビットコインで普段は持っていて、イーサリアム上で素晴らしいNTRNFTを購入して楽しめるというのがポルカ・ドットの強みなんだそうな・・・。その仲間に入ろうと仮想通貨発行の利益に税金がかからないシンガポールに日本人が行ったそうな・・。一時はしょうもないNFTに莫大な金が集まりました。だから、ポルカドットだとかASTRとか、web3とか騒いでたわけです。

しょうもないアートに多額の金が動くのですからマネロンにはピッタリです。しょうもないデジタルアートをマネロン業者が簡単に作ってイーサリアム上で販売して、利用者は多額の仮想通貨を払う。今度は利用者の出品をマネロン業者が手数料を引いた金額で買い取る。誰かに売り、誰かがまた購入して・・・で、仲間内で回す。最終的に誰かが現金化する。そうなれば、アート作品を作って販売した人間の現金を押さえるのはもう無理です。

ウォーレン・バフェットもバクチに金をつぎ込んでいる

昨年度は「株価が高すぎて買うものがない。」と現金保有を増やしていた世界最高の投資家ウォーレン・バフェットが今年に入り株を買い漁っていたようです。投資先はエネルギー・石油関連。

「インフレになる。その時一番株価が上がるのは、エネルギー関連。」だそうです。シンプルで単純明快です。人々が、「ロシアの政権が転覆して、資源インフレが終わったら・・。」とか、「石油価格がここまで上がったら、アメリカもシェール・オイルの採掘を再開して値段下げるで・・。」と邪推している間に、王道一直線です。

それともバフェットもウクライナは泥沼と踏んでいるのか?「公民のお勉強/ウクライナで専守防衛の意味を知った/いや、代理戦争やろ?

この状況で最近あまり利益が出せていないバフェットの投資会社の株主からは、「もう引退してくれ。」と言われているらしいが・・・いずれにせよ、凡人には天才は分からない。彼の元妻の名言、「ウォーレンは、白黒のテレビがカラーで見える。」。でも、今はyoutubeやtiktokの時代ですからな。

因みに、バフェットは仮想通貨への投機は全否定です。「価値がない。」です・・・それならゴールドもダイヤモンドも同じです。まあ昔「価値が分からないITには投資しない。」と言っていて、今やアップルの大株主ですからな・・・これはアップルがストアやストレージで課金によって安定して収益が上げられるようになったからだと思いますが・・。バフェットが100歳になった時にポルカドットを貯め込んでたりして・・。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。