「9割が教科書を読めていない」私立文系しか行けない子供たちの末路/新井 紀子 国立情報学研究所教授

このブログに書いてあることと同じです。

「9割が教科書を読めていない」私立文系しか行けない子供たちの末路 文系の仕事はますます稼げなくなる | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

よく読んでください。

中学受験していない小学生・公立中学の通知簿3はこのレベル

中学入学時の学力レベルです。何度も載せている動画で見飽きた方もいらっしゃるでしょうが、全国学力テストという文科省の真っ当な調査で、今の小学校6年生は下の三角形の面積を半数近くが求められません。

原因は、小学校が勉強の場でなく、保育園化しているからです。「読めない・書けない子供たち/それをビジネスにする悪人

勉強の前に読めない・書けない

中学受験組が都市部では半数以上になり、学校は彼らの休憩場になっています。中学受験していない子供は保育園がデフォルトになって公立中学に入ってきます。勉強を教える以前に、キチンを頭を働かせて読めない、辛抱して聞けない。考えずに勉強して正解を見て分かったと思って説明は聞かないし考えもしない子供が多くなっています。いくら机の前に座っていても学力など上がらないです。「公立中学の下半分の落ちこぼれ感が加速している/落ちこぼれた生徒の見分け方

で、新井紀子先生が立ちあげているプロジェクトなわけです。

こういう子供が高校生になるとどうなるか?

説明文が全く読めません。小論文が全く書けません。それは新井先生のビデオの前半の読解力の問題だけではなく、最後に少しだけ出てくる「情報を摂取できない」という話に起因します。

youtubeやSNSで自分が興味のあることしか受け取らない今の子供では、教科書すら辛抱して読むことも出来ないため、社会一般の知識や常識が著しく欠如しています。当然、ニュースも見ないし、本も読まないからです。だから、説明文では何の事象について書いてあるのかが分からないため、国語の説明文が読めません。場合によっては、社会事象を書いてある英語長文も読めません。日本語が分かる日本人が日経の経済欄を読んで「分からん」と言っている状態が、凄くレベルが下で起こるわけです。

一度お子さんとニュースでも見ながら話をして下さい。あまりの社会知識と常識の無さにアゴが外れると思います。だから、こういう生徒を採らないように、国語が入試科目に無い理系では、慶應大学などでは少し難しい社会事象の長文が選ばれます。「英語長文読解が読めない生徒/慶應義塾は英語長文で社会常識と知性を問う/イーロン・マスクの行動から読む「ポリコレもテスラも終わりの予感

もちろん、こういう子供では小論文など書けるわけもありません。いくら段落構成などの国語の学習テクニックを教えても、何を書いていいのか分からなければどうしようもないからです。今まで20年近く生きてきて、まったく蓄積していない社会常識まで塾で教えられるはずがない。政治・経済・福祉・国際問題・資源・食料・芸術・音楽・・・すべての話題について、塾で教えられるわけがない。これ塾の責任ですか?・・いや、親の育て方と本人の資質でしょう。中学校で学校→クラブ→塾→寝るだけで、好きなものといえばBTSなどのアイドルを考えも価値観もなしに言っている子供のなれの果てです。

だから、学習だけをいくら教えても、どうしようもないんですよ。底の抜けたバケツに脳ミソがなっているからです。何を入れてもダダ洩れです。

先日、とある進学校の生徒に「カードやスマホで全部決済できるデジタル通貨発行のメリットは?」と聞いて、「お金の発行・管理のコストが減る。」と答えて、「さすがに、このクラスの子供はしっかりしてるな。」と感心しましたよ。これが中堅高校の生徒なら「便利?」で終わりです。でも「中国のデジタル人民元の野望は?」は無理でしたけれど。

こういう子供が大人になるとどうなるか?

底の抜けたバケツなんか正規雇用で雇えるはずがないですがな。日本の20歳代の4割近くが非正規雇用になっている現状は、人件費抑制のためだけでなく、「こんなの雇われへんやろ。」というのが増えてきているからだと、塾をしていて痛切に感じています。「SDGsと言ってるポリコレおバカさん=偏差値50以下のオツムは淡路島でイカゲームをする

小学校6年生で最初のビデオの三角形の面積を求められない子供、二番目のビデオを最後で言っているように中学生で教科書を読めない子供は、その時点で「学歴→条件のいいサラリーマン」の道はアウトです。非正規で使い捨てられたくなければ、しっかりとした資格を取らせるか、しっかりとした技術を持った職人さんになるのが最良の選択だと思います・・・底の抜けたバケツの上に辛抱も根性もないですから、その道も厳しいと思いますが。

ただし、医療系の資格は止めて欲しいです・・・子供を見ていて、真剣に思います。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。