京都の人も「インバウンド」って騒いでる首相官邸にしたいんちゃいますやろか/沖縄県知事選と被る今週のニュース

沖縄県知事選や京都のインバウンドと被りません?

メキシコや南米からの不法移民に困り果てている国境のテキサスの州知事が、「不法移民を受け入れないのは人権が分からない野蛮人だ!」と言っているSDGsの象徴である副大統領の公邸と意識高い系民主党支持者が多い高級住宅地に、その不法移民を多数送り付けてひと悶着起こしたというニュースです。

「私たちが毎日直面している現実のほんの一部でも自分たちの玄関に持ってこられたら激怒するクセに!」というテキサス州知事と沖縄県知事選がダブりますな。

でも、10年前ならいざ知らず、今の中国の状況を見ていると、そんなことを言ってられないわけで・・・。沖縄内部でも国境から遠く基地が多い本島と国境に面している石垣島なんかの人では全く考えは違うらしいですからな。

インバウンドも同じですな。芦屋なんかに住んでると、外国人でごった返したあの京都の惨状は分からない。

インバウンドの効果

あの観光客でごった返したコロナ前でもGDPの1%以下です「訪日外国人旅行消費の蒸発の影響試算;年間で9割減少すると、GDPに0.8%の押し下げ効果|その他の研究・分析レポート|経済産業省 (meti.go.jp)」。それに、受け入れの上限はあるんですから、最終ゴールとしても2~3%に増やすことすら難しい。日本って毎年2%のインフレ目指してるんでしょ?・・・こんなもんのせいで、京都メチャクチャになって、日本人が遊びに行かれへんのでエエンかい!

京都で観光などに関係のない大多数の方々も、この州知事と同じことをしたいんじゃないでしょうか? 

GDP1%程度の規模しかないインバウンドをあてにして外国人に媚びへつらうなど開発途上国のすることです。それにインバウンドより遙かに大きな需要の日本人観光客が敬遠しているのですから、インバウンドの分だけ収支が上がったものでもありません。都合の悪い情報は出ないんです。「あの京都から「日本人観光客が減った」深い理由 | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (toyokeizai.net)」 

今日の音楽

テキサスちゅーたら、やっぱこれですな! ギター弾きならだれでも「カッケー」と思うこのギターの音、それにアルバート・キング譲りのチョーキング。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。