日本の30%で起きている国家崩壊時に似た悲劇/その悲劇を目指して子供を野放しにしている親御様/その子供の平均寿命は66歳です!

ソビエト崩壊後の社会をご存じですか?

ソビエト崩壊の原因は諸説ありますが、アフガニスタンとの泥沼戦争による経費とアメリカとの軍拡競争に原油価格の低迷などで経済的に破綻したことが原因だと言われています。

このゴルバチョフ時代のソビエト後、ロシアとなったエリツィン時代に何が起こったでしょう? 社会主義市場は開放され、政権とコネを持った一部の人間が資源などを支配し巨万の富を築きました。オリガーキという新興財閥です。その新興財閥から、ソ連を崩壊に追いやったアメリカなどは安い資源を買い漁りました。

ロシアの財産をアメリカなどに安く切り売りして一部の特権階級が富を独占することによって、ロシアの経済は破綻して貧困が蔓延りました。そのため、多くのロシア人はまともな食事も、医療もなく平均寿命が急降下しました。特に男性では65歳から57歳まで降下しました。

この状況からロシアの資源を欧米から取り返し、原油価格を上げて経済的に豊かにし、人々の寿命を延ばしたのがプーチンです。だから、今回の戦争があっても支持が高いのです。逆に、この状況に追い込んだゴルバチョフは、利益を被った西欧では人気が高いですが、ロシア国内では売国奴です。だから、先日亡くなった葬儀にはプーチンは行かなかった。

ある人たちに言わせると、原油価格が高騰してきたので、アフガニスタンに変わってウクライナを泥沼に追いやってプーチン政権を崩壊させて、「資源でウハウハの夢よ再び!」ということなので、ウクライナ戦争は10年は終わらないということです…ホンマかいな?「ロシア「製」のミサイルがNATOに着弾した/ウクライナが終戦しそうにない?理由/伊藤貫って面白いですな

ロシアの最悪の混乱期と同じ立場に追いやられる日本の未婚男性

どうっすか? 未婚男性の平均寿命だけ極端に低いでしょう。ソビエト崩壊時よりはましですが、未婚男性の平均寿命は66歳です。一方、女性にはそういう傾向はみられません。却って、ダンナがいないほうが伸び伸び長生きします。未婚の男だけが、ソビエト崩壊時の国民のように、損な役割に追いやられています。

今、日本で男性の生涯未婚率は28%です。この多くは、性的志向や価値観からではなく「経済的に結婚したくてもできない」男たちです。日本の未婚率の爆増は非正規雇用が増えてきた経緯と一致します。この非正規は、もちろん低学歴の延長線上にあることが多いです。新卒採用がその後の就職人生に大きく影響する日本では、学歴がその人間の人生の満足と寿命に直結すると言い換えてもいいかもしれません。

経済苦は、どの国でも男を直撃します。社会的に立場がないみじめさ、食事の偏りが精神面からも肉体面からも男を直撃するからです。この国家崩壊時の状況にも似た未婚の男性だけが早死にする悲惨な状況に子供を追いやっている親御さんが多い。親の経済的状況から私立受験ができないことが原因ではありません。私立受験などしたところで甘いことをしていることが原因なんです。「経済格差は学力格差ではありません/噂と広告に乗せられる親たち」「この数年に崩壊していること/子供の学力<親の力/特に父親が甘い場合は、子供は矯正不能

そこのお母さん、ソコソコの成績の子供に「クラブ活動も十分させてあげたい。」なんか言っていていいんですか? 下手したら90歳まで生きるあなたの生きている間に、無職ヨメなしの息子がやさぐれて死んでいくことを目の当たりにしないといけないかもしれないんです。

それで、私はこんなことを言っているわけです。

私の理解の外にある言葉「部活に打ち込んでほしい」/学校って何のために行くんですか?/文武両道が成立する生徒など少数です」「この数年に崩壊していること/子供の学力<親の力/特に父親が甘い場合は、子供は矯正不能

あなた方がしていることは、開発途上国に落ちて崩壊していく日本で、国家崩壊時の混乱に生きた悲劇を子供に味合わせるということに等しいと思います。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。