難しい進学校の上の下=神戸大より下、関関同立は大丈夫の高校生の指導

典型的な進学校の上の下の成績の生徒

このクラスは、もうひと踏ん張り頑張れば神戸大に届くが、今のままでは関関同立になってしまいます。もちろん親御さんは「絶対に神戸大!」と言い、子供の高校生も「頑張りたい!」と言って塾に来ます。

そこで、「こういう学習をしないと上位の国立大学は難しい。大丈夫?」「そのためには、今頑張っている運動部の活動は制限するしかない。少し様子を見て両立がダメなら辞めてもらうしかない。おそらく両立は無理です」と伝えます。

このレベルの生徒は、学習を吸収できる十分な能力はありますが、そのためには相応の努力が必要です。さらにその上の、あまり努力しないでも学習を吸収できる先天的に学習が得意な子供とは違います。このことは親御さんにも子供にも言うのですが、今まで優等生できた子供とその親とではたいていは聞き流されます。ここを認識して「何かを犠牲にしてまで努力しないと、その上の天才レベルに太刀打ちはできない。」と気づいている方は少数です。

だから、今の成績で停滞しているので、塾に駆け込んでくるのです。ところが、塾では学習方法を指導し学習スケジュールを示しても、それを守る高校生はこのレベルでは少数です。また、守らせる親御さんもあまりいません。自信過剰から「塾に行かせたから。」で他力本願さえすれば、上積みOKになっているからです。

だから、子供が楽しみにしているクラブ活動を辞めさせてまでと考えている親御さんはほとんどおられません。塾で教えてもその解法を吟味し、自分でできるまで解き直すのは本人です。そのための努力の時間が、「上位国立大学楽勝」のレベルの生徒より必要だから「クラブとの両立は難しい。」と言っているのですが、他力本願の親子ではこの時間確保のためにはクラブ活動をしている時間はないと理解できることは少ない。

なぜなら、クラブと両立できる先天的に能力の高い子供を取り上げて学校もマスコミも「文武両道」とぶち上げるからです。子供が嫌がることを親にさせることはビジネスにマイナスですし、仮にそこまで子供を追い込んでも成功するとは限らないから責任を取りたくない。いや、上に書いたようにそもそも考えが甘いから、嫌がって失敗することが多い。それなら、親にも子供にもうれしいこと言っておいたほうがいいからです。どうせ、彼らの上のランクの生徒が進学実績は上げてくれるんですから、授業料さえ納めてくれればいいんです。

このことを分かっていない親御さんが非常に多いです。

このレベルの子供が塾でやりだすこと

クラブが終わってほかの生徒より遅い時間に塾に来ます。塾から帰ってご飯を食べお風呂に入ると11時です。そこから寝るまでわき目も降らず勉強する気など、このレベルの子供にはありません。真っ先にすることはスマホをいじることです。

そのためには、学校の宿題を塾でやらなければいけない。だから、個別指導塾に学校の宿題を持ち込むようになります。それも、分からないことがあれば解答を教えてくれる便利屋として塾講師を使いだします。塾の時間に宿題をして家に帰ってからは遊ぶことが主目的なので、宿題を塾で説明してもらって家に帰って「自分でできる」ところまで詰める学習をすることはありません。

また、進学校では授業進度も早く宿題も膨大です。十分に理解をすることなしに宿題をやっつけるのに精いっぱいになるので塾でやらないと仕方がないということの裏返しでもあります。「進学校問題の相談多し/難しすぎて役に立たない授業/多すぎる課題で復習できない」「進学校とはどういうところか?/優秀な生徒を搔き集め、チャート式も理解させられず多くは関関同立で精一杯、そういうところです

だから進学校の膨大な宿題をやっても身につかず、塾に行っても成績が伸びないことが非常に多い。

もちろん塾では何度も注意をします

「宿題は家でやるように。もちろん分からないところがあれば教えるが、塾では学力を身に着けるためそれ以上の学習をするものだ。ライバルと同じ宿題だけやっていて成績が伸びると思うのか?」と何度も何度も言います。

でも、塾に来て真っ先に宿題を机の上に並べてやりだす高校生には、アドバイスしても暖簾に腕押しです。私の塾では結構キツく言いますが、それでも「家に帰って勉強するのなんか御免だ。」「そんなことを言われても、塾で宿題をしないと提出期限に間に合わない。」と押し通されます。今の時代、机の上の子供の持ち物を私が無理やりカバンに押し込む暴力的なことなど許されるわけもありません。それに、後者のように言われたら、「学校の提出期限など知ったことか。」とまで突き放すこともできません。

もちろん親御さんには「親からも言ってくれ。」と連絡しますが、塾の講師の言うことを無視する高校生に親が言ったところで効き目はありません。そもそも子供と喧嘩して抑え込んでまで厳しく言う親御さんは本当に少ないですし、高校生にもなった子供に親が多少のことを言ったところで効き目はありません。「クラブもやめて学習時間を確保するか、学習方向を整理して宿題などを時には無視してでも学力不足を補う学習をしないと、理解不足のまま進んでいる繰り返しになる。」と言っても、親御さんからは「宿題も!学校の成績も!模試の偏差値も!クラブとの両立も! 全部面倒見てください!」と無理を押し付けられます。

こういう生徒の指導は難しい

第一、こういう子供の親御さんは「自分の子供は優秀」だと思っていますので、その子供の能力を伸ばせない塾は無能だ、自分たちの要求を全部受け入れられない塾は怠慢だと判断することが多いです。だから、この状態で成績が停滞すると、親も協力してなんとかしようとする前にさっさと退塾していきます。

ということで、どの個別指導に行こうと結果は同じです。集団授業では学校の宿題ができないので子供が嫌がりますし、もし行っても学校と同じような板書の授業を受けて一般的な解法の説明を受けるだけで、独力で解けるまで詰める学習を家に帰って復習しないので、結局は同じです。

上位の国立大学に行く生徒と関関同立になる生徒の違い

結局、この「独力で解けるまで考え、繰り返す。」ことは「クラブやスマホを我慢してまでやり切る。」という本人の上昇意欲と意思にかかっています。塾はその手助けになるに過ぎない。そのために、適切な学習を選択する能力も必要です。もちろん、この手助けとして熱心な塾、金さえもらえればどうでもいい塾はあります。熱心な塾にヤル気のある子供がハマれば、成績は一気に国立大学に行けるレベルにまで伸びます。

私が教え子で記憶に留まっている多くの生徒は、こうして神戸大学や大阪大学に行った生徒の努力の姿です。もともとできて楽勝で国立大学の医学部なんかに行った生徒の姿ではありません。

もちろん、私なりの判断は伝えますよ

同じ上の下でも、クラブを辞めて無理をしても神戸大に届きそうにない子供には「キミ、頑張ってアイツ等に勝てると思うか? クラブも楽しんで、それなりにまじめに頑張って、笑って関学に行ったほうがエエんと違うか?」と言います。

努力の垣根が低い子供には「キミの頑張るは、国立大学に必死で這い上がって進むライバルの頑張るとレベルが違う。それで精一杯というのなら、そもそも英語も数学もなんて無理。英国社の3教科に絞らないと、英語も数学も中途半端な勉強になって関学にも行けない。」と言明します。

その判断にほぼ間違いはありません。全員に「頑張って国立大学!塾に来てね!!」なんて甘言を弄してまで生徒を引き留めようとも思いません。もちろん、親御さんにもお伝えします。「失礼な!」と怒る方もおられますが、親の自己満足だけのために子供に無理を強いて貴重な高校生活を台無しにた挙句結局はそれなりの大学に進学させるのは、可哀そうだと思うんですよ。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。