高校受験の秘策 お金も進学も手に入れる方法

この方法は全員に薦めるわけではありません。けれど、志望校に真ん中ぐらいで進む生徒、そして愛嬌があって先生にも可愛がられる生徒あるいは真面目で優等生扱いしてもらえる生徒には秘策があります。

2ランク下げた私立で授業料免除

それは、志望校を2つくらい下げた私立にほとんどトップで合格することです。合格通知著に「授業料免除」「授業料半額」という書類がついて送られてきます。授業料は公立高校でも年間20-30万円かかりますが、タダです。そして、入学後は学校の看板になって学校のパンフレットなんかに写真付きで紹介され、時には生徒会などの役員も任されます。3年間ずっとVIP扱いを無料でしてもらえます。学校側にとっては、授業料を放棄してまでも採った「ドラフト1位」なんですから、絶対潰すわけにはいかないんです。

トップ合格で指定校推薦を勝ち取る

そして、中堅の私立高校では卒業時に素晴らしい指定校推薦を紹介してもらえます。まともに公立高校に進んだなら、中~下位の高校に程々の成績で進んで甲南大学も怪しいことになっていたであろう生徒が、 この手法で立命館などに進んだ例を複数知っています。もちろん、保護者はこのシステムを良く理解していて、「授業料減免」という合格通知が来た時に公立校の受験は止めさせたんです。慧眼だと思います。

マイペースの生徒は余裕のある学習と学校生活で成績を伸ばす

また、最上位の数学科などの進学をやめて、ソコソコの私立の特別進学コースなどに授業料免除で進み、国立大の医学部に進んだ生徒も中学から高校まで教えた生徒もいました。入学時から卒業時までずっと学年トップでした。学校の授業など余裕でこなし、常にマイペースで自分の理解と学力に注力できる学習を続けた結果だと思います。少し学習障害の気のある生徒はそれが良かったんだと思います。まあ、医学部では全員に「お前の高校知らん」と言われてるそうですが・・周りは灘、洛南、西大和みたいなのばっかり公立では神戸高校も北野高校もいないらしいですから。こちらは保護者が中学受験塾の講師をやっていて、受験というものをよく知っていたんですよ。この講師は塾で言ってるのとは正反対なことを我が子にはさせて成果をつかんだんです・・・ひどい話です・・こんなことを書けるのは身内だからです。

この秘策は生徒の適性を見て処方する

もちろん、こういう方法は生徒の性格にもよります。お山の大将になってサボる生徒もいると思います。本来なら自分のライバルが居るのは神戸高校なんかだと考えられないんですよね。生徒によっては締め上げられ強制されて成績を伸ばす生徒もいます。ライバルに囲まれて切磋琢磨していないとだらける生徒もいるでしょう。

けれどマイペースで、少しおとなしい生徒にはこの方法はうってつけです。特に前述のように少し学習障害気味の生徒はマイペースが大切です。下手に上位校に進むと、納得できない授業や課題を威圧的に押し付けられ、「優等生、万能タイプオレ様」キャラにいじられて潰されることも多いですから。不良タイプの「オレ様キャラ」は分かりやすいですが、優等生タイプの「オレ様キャラ」はタチが悪いですからね。イジメじゃない範囲でちょっかいを出して、気が弱い生徒を欲求不満のはけ口にして追い込んでいきますから。まあ、「いじめ」は上位校のほうが圧倒的に少ないですけどね。

トップ校の威圧的なマイペース阻害の一例を上げると、私の塾の予習で学校の課題よりも先のところまでやっていたノートを提出して、「オレの授業を信用できないってこと?」という具合にブチ切れた教師がいましたから。その生徒、その勉強方法で学年で首位の成績ですよ・・・。「成績がいいからって、オレをバカにしやがって。」以外に意味がないパワハラです。昔の教師は鷹揚でこういうのはいませんでしたが、最近はこの手の教師は中学受験で入る進学校から、公立中学、公立高校に至るまで激増してきています。少ないのは、親もうるさく、子供もダレることを承知の上の大学付属校だけです。

社会に出れば最終学歴以外関係ない

お子様の性格をよく見定められて、ご判断下さい。生徒によっては、非常に有効な方法だと思います。もちろん、塾の方では適性も相談させていただきます。ただ一つだけ申し上げたいのは、「ゴールは大学受験、高校はステップに過ぎない。」です。社会に出て最終学歴は大切ですが、高校の名前など聞かれることも問題にされることもありません。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。