転落する日本人女性/30年前のフィリピンや韓国になっている

あまりにも学習塾のHPとはそぐわない内容

私、この記事をyahooニュースで見て、衝撃を受けました。

罵声に低賃金…日本人女性が海外出稼ぎ売春「悲惨すぎる現実」

今の日本の水準からしたら低賃金ではありません。彼女の稼ぎは、2週間で180万円だそうです。恐らく派遣だと半年分以上の稼ぎです。日本の男性の所得が減って日本でこういう仕事がなくなり、あるいは安くなり、物価水準や経済水準の高い海外に行って売春をする。30年前のフィリピンや韓国の人が日本に来てやっていたことです。

まあ、FRYDAYの記事ですから、話半分に聞いても、ほんの少し前の日本ではあり得なかった話です。

ここでも中国に蹂躙される

この女性たちを斡旋しているのは中国人ブローカー。客も中国人だそうです。そら、白人が高い金をアジア人に出すわけはない。

尖閣こそ占領はされていませんが、もう中国のいいようにされている感じです・・・まあ、中国人が一杯来ていた3年ほど前までは、こういう日本のお店も中国人で儲けていたようですから、コロナで場所が変わっただけに過ぎないのかも知れません。

逆に言えば、日本の男の所得が減って、結婚ができないばかりか、こういう所に行って遊ぶ金もなくなっているんです。日本は、土地も、不動産も、企業も、女性までも中国に買われていく。

30年ほど前にはフィリピン・パブ、少し前まで農村の中国人花嫁は日本ではよくあった話です。もうすぐ、アメリカのチャイナタウン近くに日本人パブや、中国の田舎の中年男性に嫁ぐ日本人花嫁が出てくるんじゃないですかね?

この現実の前には当たり前かも

こちらは 一人当たりの平均給与、世界ランキングです。 日本は韓国やイタリア、スペインより下になっています。日本より下位の旧東欧圏のヨーロッパ諸国では、多くの優秀な若者はドイツや北欧などの高収入な国に移住します。日本も将来、東大や京大を出た若者が台湾やシンガポールに移住するんじゃないですかね。アメリカみたいに人種差別もされませんしね・・でも共産主義の支配もなかった国でここまで転落するとは、日本はどれだけ失敗を積み重ねたんでしょうな。

日本はここまで落ちぶれたんです

あなたのお嬢さん、中学でクラブ活動ばっかりやってて大丈夫ですか? その辺の中堅高校でまともに勉強もせずにその辺の二流大学に進んで大丈夫ですか? それで似たり寄ったりの男とくっついて大丈夫ですか?

私、大丈夫じゃないと思います。

最近物価がじわじわ上昇してきています。「コロナ明けで需要が増えたから。」と政府は呑気にごまかしていますが、根本は発展途上国が成長し、先進国もそれなりに成長し、需要が根本的に増えたからです。インフレで外国は給与水準も物価水準も高くなり、資源も農産物も日本の経済水準では輸入が難しくなってきている。

アメリカは景気が回復し来年には数回の利上げを計画しています。益々円は安くなり輸入物価は上がる。それに比べ、日本のこの30年間の無策ぶりは上のグラフの通りです。今の岸田政権見ていて、なんとかできると思います? 選挙では所得倍増だとか言っておきながら、「岸田首相「看護師の賃上げ」明言もわずか1%…「期待はずれ」と怒りの声」でっせ。

女性が一人で生きていくには悲惨

特に女性の場合は、上のグラフの通り悲惨です。出産でもして正規の職業から離れたら一貫の終わりです。それで離婚でもしようものなら、貧困一直線です。

しょうもないジェンダーや夫婦別姓なんか言う議員に投票する前に、女性はもっと考えないといけないことがあると思うんです。子供にまともな学歴や技能を身につけさせる自主防衛もその一つです。

クラブ活動なんかにうつつを抜かしてうれしそうな顔をしているのを満足して眺めてるだけでエエんですか?

なぜ、移民法を改正して「永住」させるのか?/ゆとり教育の終焉

岸田内閣の下で、公約にも上がっていなかった、移民の間口拡大と永住化が発表されました。「就労外国人「永住」拡大へ 農業・製造など全14業種―政府

この理由は、コンビニや工事現場で働く便利で低賃金な労働者が、もう海外から入って来てくれないからです。日本で働くより、台湾や韓国で働いた方が給料が高くなったから厚遇しないといけないわけです。

一方で、中学・高校・大学とその移民の安いサービスのおかげでコンビニやファミレスにクラブ帰りに寄ってヘラヘラと安穏に生きてきた日本の女の子はそんな低賃金で苦労してコンビニバイトするような気は持っていない。

で、週給90万円で、中国人に体を売るためにアメリカに行く。だって、この記事の女性を見ていたら、どこかで苦労して頑張って生きて、それでも最後の手段にという形跡がない。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。