日本は韓国に抜かれたと確信した件

韓国が浮島の未来都市を釜山に来年度から設計するそうです

The South Korean city of Busan has confirmed plans to build a highly innovative floating city, with construction set to start as early as 2023.

The platforms will cover 60,000 square meters, with space for up to 12,000 residents and visitors.

日本の大手建設会社も同じようなフローティング・シティーを、温暖化・海面上昇克服のために提案していますが、あくまで「ウチも考えていますよ。」とやってる感を発表しているレベルで、韓国のように住民12,000人規模の小さな町ひとつ分の大規模なものを「来年度から着工する。」という話ではありません。

しょうもないカジノなんかを建設するくらいなら・・・

もちろん、この実績をもとに水面上昇で困っている国々に韓国は売り込みをかけるでしょう。困っていなくても、ドバイのように金持ちと投資を呼び込みたい国のレジデンシャルエリアとしては最適です。もちろん、新しいリゾートの開発にもよいでしょう。

「使えへん埋め立て地、どないかならんのか?」で後ろ向きで、化石のようなカジノ誘致をしている日本との差は埋められないほど大きくなっている気がします。

お母さんやお父さんがお若い頃、こんなことで韓国に後れを取るなんて考えたことありました? 所得で韓国に抜かれたのももっともです。

日本の地方行政や企業が、このレベルの開発をする余裕も金もなく、かと言って未来への視点がないオリンピックやカジノや万博には小金を振り撒くさまを見ていると、日本が韓国に勝てるとはもはや思えません。

私が若者なら・・/親なら・・・

今時カジノを作ってインバウンドを取り込むなんて、産業もない開発途上国のようなことしか考えられず、昔は世界一を誇っていた家電業界やコンピューター産業が束になってもサムソン1社にも勝てないほど落ちぶれたこの国で、自分の未来を送ろうなんて考えもしないです。

私が親なら、中学受験や私立に金を突っ込むのではなく、公立中高で子供を厳しく育て上げ国立大学に進ませます。大阪大学や神戸大学レベルでは中高一貫の私立でないと進めないなど微塵もありません。「経済格差は学力格差ではありません/噂と広告に乗せられる親たち」「経済格差は学力格差という大ウソ/教育業界の広告戦略に載せられる親たち」「経済格差は学力格差なのか

そして、私立に使う金を子供に「シンガポールかアメリカの大学院に行け」と、大学で渡します。「新しい世代へ/文系なら国際教養大学、理系なら海外の院に行こう

もちろん、それだけの学力がない場合でも、視野を世界に向けさせます。「偏差値60ない高校生は、アメリカでトラックドライバーになれ!」「私が勉強嫌いで成績も悪かったら/ヨーロッパ編」こんなところで寿司でも握っているほうが、日本で非正規で使い潰されるよりいいでしょう?

・・・画面でも観光客の東洋人が映っていますが、ほぼ全員中国人ですな・・・日本は落ちぶれましたな。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。