ミドリゼミが心掛けていること/学校や塾で困っている子供のために

学校の問題

ミドリゼミでは、今の教育現場の最大の問題点は、多くの子供を置き去りにしている進学校、キチンとした学習を指導できない公立校、それに暗記一辺倒の学習を強いる高校受験塾にあると考えています。

進学校では宣伝になる上位の生徒の進学実績だけを考え、速く難しすぎる学習に多くの生徒が理解不足になっています。ところが多すぎる課題と速い授業ペースのため、理解不足を復習する余裕はありません。せっかく進学校に入って努力しても、半分以上の生徒では中堅校や公立校で普通の授業をいい加減に受けている生徒と大差ない学習理解と大学進学になります。

一方で、公立校では、中学受験生の休憩場所となった小学校で十分な学習指導がされずに、中学でも単位計算もできない生徒が半数近くを占めているため、成績上位者の役に立つ授業は出来なくなっています。ところが、テストでは上位者を選別するために学校では教えていないような難問が当たり前に出される。

そこで優秀な生徒は厳しい高校受験塾に通わざるを得なくなっています。ところがその厳しさは、手っ取り早く目先の得点を上げるために解法丸暗記一辺倒の学習を強要するものであり、進学校に進めても丸暗記学習が身に付いた生徒は理解力を求める高校の学習で破綻することが多くなっています。

そのため、私立も公立も進学校と誰もが認める学校に進めても、上位2~3割しか国公立大学には進めていないことが多いわけです。

塾の問題

それを補佐するはずの予備校や集団塾では科目別に担当教師・講師が学校と同じように教えるだけで、面談も1学期で20分程度で、学習方法の改善などはできていません。下手をすれば、暗記学習を強要され、進学校には行けても落ちこぼれます。

個別指導ではアルバイトの学生が教えるだけです。子供の状況や学校の授業などを考えて、役に立つ学習指導や進路指導などができる場所がないのです。

その結果、多くの子供では、必要な学習がどこからも提案されずに、進学校に進めても予想を裏切る大学進学になることが多いわけです。

ミドリゼミが心掛けていること

当塾は、ベテランの塾長が毎日、ほぼ全教科を直接教えます。子供の総合的な学力・性格から学校の授業内容・進度まで考え、子供の多くの情報を把握した状態で日々コミュニケーションを取りながら学習・進路指導を行います。神戸高校でも神戸大学で各生徒に最適な学習・進路指導を提供します。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。