マークシートのミスへの考察/大抵は酷いデキのテストを隠す言い訳です

「マークシートの解答欄がズレていて、ものすごく酷い点数になった。」という高校3年生などあり得ない

時々こういうお話を伺うことがあります。大抵の場合、私は「そんな安いウソに良く騙されるなあ・・・」としか思いません。そんなことはあり得ないからです。

確かに、1問や2問ならマークミスもあるでしょう。問題を飛ばして解いてしまったとかはあり得る話です。でもね、問題の番号とマークシートの用紙の番号を照らせ合わせながら記入していくのですから、数問のうちに気が付きます。特に、大問を解き終わって次の大問に移る時は、番号の確認を普通はします。それに、大抵の生徒は採点用に問題用紙にもチェックをしていますから、数問なら見返して訂正するのは簡単に済みます。

それを、「いっぱい解いてからズレているのが分かった。」、あるいは「終了直前にズレているのが分かって、どこからズレたか分からなくなって挽回しようがなかった。」なんて言い訳は私は納得できませんせんねぇ。20年以上の経験から、関関同立以上の大学に進んだ生徒で、こんな言い訳をした生徒は経験がありません。

だって、それまでの記述式の模試でもロクでもないことしていていたでしょ?マークミスの言い訳していても偏差値は同じでしょ? ミスじゃなく実力なんですよ。

もし、そこまで不注意なことを本当にして30点も40点も落とすのだったら、そもそも大学受験用の学習なんてできはしないでしょう。教師の解説はボケ~っと聞き流し、教科書や参考書は流し読みして、問題集で間違っても赤ペンで解答を書き込むだけのいい加減なことを日頃からしているから模試でも同じことをしでかしただけです。マークシートの記入ミスで酷いことになろうがなるまいが、どうせ酷い点数を取ってくるのですから結果は同じです。

もし本当に高校3年生にもなって共通テスト用のマーク模試でそんなことをしでかす生徒はそもそも大学受験の資格などないし、そんな言い訳をして酷い点数を取ってくる生徒など尚更大学受験の資格はない。

こんな言い訳を許す親御さんはダメだと思います

こんな言い訳が通用すると子供に思われている時点で、育て方を間違えていると思います。親に言い訳が通っても、本番のテストに言い訳が通用することはありません。もちろん、こんな失敗を繰り返していたら、他人様へも言い訳が通用することはないでしょう。私のように、「コイツ、日頃からいい加減な勉強ばっかりしていて、模試でマークシートミスのせいで酷いことになった? そんな誤魔化しが通用すると思ってるの?」としか思われなくなります。

「マークミスで、30点も40点も落として、とんでもないことになった。」などと言い訳する子供では、日頃からロクでもないことを繰り返ししでかしているはずです。それを周囲が許してきたから、こんなことになっているんだと思います。本番の入試では言い訳が通用せずに4校も5校も不合格を叩きつけられて、まだ「マークミスで・・・」とこういう子供の言い訳を親は信じるんでしょうかねぇ?

記述式模試での言い訳

典型が「計算ミス」です。「分かっていたけれど、計算ミスして得点を落とした。」です。いや、大問のひとつで最初の設問で計算ミスして、その問題全部落としてー20点って程度なら分かりますよ。でもね、全問近く計算ミスして30点代なら言い訳もへったくれもない。学力不足を計算ミスで誤魔化そうとしているか、計算さえできないほど基礎学力がないかのどちらかで、いずれにせよ受験生としての資格はない。

そして、こういう生徒では私の塾に模試の答案を持ってきません。得点と偏差値だけが書いてある用紙を見せて「ミスが・・」と言い訳をするだけです。だって、解答用紙を見たら「そもそも分かってないやないか。普段から『ここ分かってないのと違うんか?』と僕が聞いても『大丈夫っす』なんて言ってるからこんなことになるねん。どうするつもりやねん!」なんて言われるからです。

そして塾を辞める

私がこう締め上げると、4~5年前までは「キチンとします。」と一応の反省をしてしばらくはキチンと学習したものでしたが、今は「傷ついた。塾辞めます。」と言うことがとても増えています。問題は、そんな状況を説明していても、そんな子供を分かっておられても、親御さんが「子供がそう申しておりますので・・」と押し切られることです。

それで、そんな言い訳を飲み込んで「大丈夫、大丈夫、志望校に向けて偏差値15アップ!」と言ってくれる塾に変っていく・・・ロクなことにはなると思いますか?

そんな親御さんだから、「マークミスで・・」というような舐めた言い訳をされるのです。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。