早生まれの子供は1年浪人して、やっと遅生まれの子供と対等な勝負ができる/中学受験なんて愚かすぎる/学年ではなく年齢で考えよう!

アメリカの社会で何が起こっているのか?

アメリカが日本以上の超学歴社会なのはご存じの通りです。スタンフォード大学など出ていないことには、IT系の一流企業には入れません。そして、他の業種のサラリーマンとIT系の一流の企業のエンジニアとでは、給料に2倍も3倍も差があります。

そこで、こういうことが起こるわけです。「Oldest Kids In Class Do Better, Even Through College : The Two-Way : NPR

この記事の要旨は、「遅生まれと早生まれでは大学進学適正テストの得点やエリート大学の卒業で大きな差があるから、多くの親が子供を入学させる年度を遅らせる。」というものです。

ヨーロッパでも日本でも同じ結果です

ヨーロッパでも同じことが言われています。「Older children in the year group are more popular than younger peers | New Scientist」遅生まれの子供の方が成績が良いという内容です。

日本でも、「東大院教授「早生まれの不利は大人まで続く」研究結果発表」という結果が出ています。これは、高校進学時で遅生まれと早生まれは平均で偏差値が4.5違い、その格差は30歳の年収にもはっきりと表れるというものです。学歴格差が就職差になって収入に差が出ると言うことです。

それだけではなく、この研究では以下のことに言及しています。早生まれの子供は学力ハンデを補うためガリ勉になる。一方遅生まれの子供は、クラブや交友関係を楽しめる余裕がある。この経験の差が、企業に入った時に人間力の差となり出世に差が出るということです。

私は、遅生まれの子供の方が知力も体力も勝るからリーダー格としての振る舞いが身につき、早生まれの子供は子分としての意識が身につき、会社組織でもそうなってしまうのではないかと思います。

愚かすぎる早生まれの中学受験

高校入試時で偏差値が4.5違うんですよ。中学入試時だとどれだけ違うと思います? 

それに、無理矢理ガリ勉させて進学校に早生まれの子供を放り込んでも、中2から始まる難しい高校の学習で落ちこぼれやすいのは自明のことです。だって15歳で偏差値4.5=通知簿でワンランク差があるんです。ただでさえ年齢にそぐわない難しい内容の学習を先取りするのに、その上早生まれではダメージが大きすぎます。

だから、公立校で年齢に応じた学習をしていれば落ちこぼれずに済む優秀な早生まれの子供が、ヘタな中学受験の結果大量に落ちこぼれることが進学校ではおこっています。正直申し上げて、各校で半数では公立に行っても大差ない結果、下位1/4では落ちこぼれて公立に行ったより悲惨な結果が出ます。中学受験など遅生まれで上位1/4で入学できる生徒のためにあるものです。「進学校とはどういうところか?/優秀な生徒を搔き集め、チャート式も理解させられず多くは関関同立で精一杯、そういうところです」「進学校の授業の一例を紹介/こういうところに進んで自ら行こうとしてるですよ?

下位で進学校に入れて優秀な早生まれの子供を潰す親はバカだと思います。

バカって言うな!じゃあ進学校で落ちこぼれても浪人して頑張ればいいだろうって? 遅生まれの優秀な生徒に知力でも体力でも6年間も抑え込まれて、頑張っても頑張っても追いつけずに6年間もバカにされて、進学校で落ちこぼれた生徒のほとんどは気力もなくなっています。「立て、立つんだ、ジョー!」って親が叫んでも、子供は灰になってるんですよ。だから、「ムリな中学受験は子供を潰す」って言ってるんです。

浪人して早生まれは遅生まれと対等でしょう? 学年ではなく年齢を見よう!

動物としての発育を考えれば、早生まれの子供は1年浪人してやっと遅生まれと対等か有利になります。

じゃあ、なるべくならハンデが縮む大学受験まで勝負は先延ばしして、場合によっては年齢的に対等になる浪人も視野に入れて勝負をする方が、ヘタに中学受験をするより数倍賢い。公立校でゆったり学習をしておいて、高校2年生くらいから本格的に頑張り、浪人してでも志望大学に進むのが早生まれの子供には一番賢い。親も落ちこぼれる可能性が高い私立なんかに金を使わずに、浪人時の予備校代に貯金しておくんです。

真面目に努力していた子供は、目標が分かる

中学や高校などどこでもいいです。どの高校でも上位の生徒はそれ相応の国立大学に進みます。そして、高校で真面目に努力してライバルと友人関係になって相手を観察していると、「自分はアイツには届く。コイツは無理。」「頑張ればアソコまでなら行ける。」と自然に分かるようになってきます。遅生まれの優秀なライバルを見て「アイツには追いつける。」と分かるはずです。

それがないというのは、自分と相手の学力を判断できる学力がないか、その学力が手に入るまで頑張っていないかということで、そもそも有名大学など行けません。

もちろん、「アイツには高校では届かないが、浪人すれば何とかなる。」「あの大学には浪人すれば届く。」も、肌感覚として分かってきます。だから、遅生まれの優秀な子供を目標に浪人するんです。1浪程度で社会評価が劣るわけではありません。浪人して初めて年齢的に対等になるんですから。ムリに不利な同学年の勝負をする必要はない。

でも中学受験しなくても中学受験の塾には通わせてください

でも小学校では、受験目的ではなく躾目的で中学受験塾に通わせてださい。今都市部では半数以上の生徒が中学受験をし、半数の生徒が私立に中学から進みます。小学校は中学受験組の休憩場になってダラケ切っています。中学受験しない子供はこの遊び場の感覚がデフォルトになって、まともに漢字をおぼえることもできなくなっています「読めない・書けない子供たち/それをビジネスにする悪人

こうなってしまうと、浪人もへったくれも関係なくなってしまいます。自分の学力もライバルの学力も、手が届く大学も判断できません。それで、こういう状態になります。「無力感/大学を高望みしておきながら、少し厳しい学習を求めると退塾する生徒たち/塾で成績を上げても無駄」 公立中学で通知簿が3で埋まっているようなら、私の地域では、その時点でもう無理です「公立中学生の親御さんが決定的に勘違いしているお子さんの学力/そしてその生徒が高校生になる」。因みに、私の地域は、日本でも有数に教育熱心な地域で、灘・甲陽・神戸女学院に囲まれています。

だから、中学受験はせずに、中学からの学習のため、基礎学力と学習する姿勢育成のために、少し厳しい先生が教えている中学受験塾に通わせてください。別に受験目的ではないですから、近所の自転車で通える塾がいいです。必要なのは、キチンと面倒を見てくれる塾長です。送迎が必要な塾では、受験という目標がないと、親が根負けして続かなくなります。

上位クラスが進学実績を出す大手塾の下位クラスに、塾の看板だけに魅かれて放り込んで、授業料徴収要員として野放しにされ基礎学力も身につかないというのは最悪です。これ、結構多いんです。結局は遅生まれの子供の犠牲になりに行くということです。

キチンと小学校時代に学習させれば、公立でも心配はいりません

小学校時代にキチンと躾けて基礎学力を身につけさせられれば、私の地域では公立中学では簡単に通知簿が4と5で埋まります。優秀な子供は大抵は中学受験で抜けていますから楽勝です。それほど必死に勉強しなくても、クラブ活動を楽しんでいてもソコソコの進学公立校には進めるはずです。

だた、アドバイスとしては、少し下目の高校に余裕を持って進むことです。学校の学習に振り回されずに、マイペースで余裕を持った学習ができることが何よりも大切だからです。ムリをして進学校に進むと、早生まれでムリをして中学受験したことと同じになってしまいます。下位校の上位の生徒の学力は上位校の中位の生徒の学力よりずっと上です「大学入試で逆転する学校間格差・逆転は難しい校内格差/上位校に下位で進んではいけない理由/哀れさえ感じます」。学校別の進学実績を見れば誰にでもわかるこの明瞭な現実さえ分からず、目の前の受験が目標になって「少しでも上の高校」というバカな親がとても多い。

そして上位で入れる高校で、余裕を持った状態で、本気で頑張ってください。自分が「浪人すれば行ける!」と思ったなら浪人も視野に入れましょう。これが早生まれのハンデをなくす最善の道だと思います。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。