ミドリゼミの高校の学習 Part3

休み中に次の学期の学習を終えるなど、かえって学校よりスピードが速く分かりにくいんじゃないかとお考えになる方もいらっしゃると思います。

でも、学校の宿題や授業ペースそれに放課後のクラブという足かせがなり、自分のペースで考え進めることができるということは凄いことで、少なくとも英語文法だけなら関大や関学に進む生徒はか乗り切ります。 入試科目に数学はないのですから。これで十分です。 神戸大などの国立大学に進む生徒では英文法も数学も両方予習しますが、この学習をできなかった生徒は今まで経験がありません。

特進個別指導塾 ミドリゼミ芦屋教室の最大の特徴が、このような日々の学習指導と進路指導をミックスして、本人のし大学進学に一番効率の良い学習を進めていくことです。

保護者のかなりの方は勘違いされているのですが、高校の学習では定期テストの学校の成績と模試の偏差値が一致しないというのはよくあることです。授業や教科書丸暗記の学習と、入試問題などに準じた応用力のある問題とでは必要な学習方法も能力も違うからです。

ですから、この予習中心の学習も、指定校推薦も考える生徒であれば少し異なってきます。けれど、この指定校推薦も、定員枠が少なく教師の好みで「良い子」が選ばれがちな公立校と、進学実績を上げるために選考基準を満たしている生徒の中から一般入試では受かりそうもない生徒を選び一般入試との合計で人数でなるべく進学実績を上げたい私立高校では考え方も変えないといけません。生徒の特性や学校によって向き不向きが有るのです。

こういうことも見定めながら、オーダーメイドの個別指導をします。日々生徒と話し合い、保護者の方にも連絡を取ります。これが「毎日ベテラン講師が生徒と個別指導する」この塾の最大のメリットであり、他の塾と違うところです。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。