ラーメン屋から考える辛抱を身に付けさせる方法

思い知らせる以外ない

いろいろなことに失敗して頭をぶち当てて人間は辛抱を学ぶものなんですが、中学生くらいでは失敗の経験がないので、自分の体験から学ぶということは出来ないんです。テストで無残な得点を取ってきても本人が「エライことをした。」と思っていない生徒では後悔も反省もないですから、学びもないんです。もちろん親から責められれば表面上は反省しますよ。でも、心底反省したわけではないので、すぐに元の木阿弥というのがこういう生徒の一般的なパターンです。

心底こたえていないから際限なく同じ失敗を繰り返すんです。親から怒られても一過性のものだと知っているから、ほとぼりが冷めるのを待っているだけなんです。だから、一過性ではないと思い知らせる以外にないんです。例えば、次に挽回するまで何を言われようがスマホを取り上げる、クラブを辞めさせる。あるいは小遣いを渡さない、などです。

アッ・・塾に行かせるは無意味です。大抵の生徒は塾に友達がいて、遊びに行くんですから。あるいは、個別指導で、言うことを聞いてくれる優しいお兄さんやキレイなお姉さんに会いに行くだけです。学校でしっかり授業を聞いて努力できない生徒が、塾でしっかりできていると思います?

失敗を失敗と思わない

こういう生徒は中学受験や高校受験で失敗します。もちろん、志望校を下げる羽目になったとき、あるいは受験に落ちたとき、落ち込んだり泣き叫んだりしますよ。でも、まあ反省期間は1ヶ月です。意に反して進んだ学校でも友だちができて、今までと同じ学校生活を送るようになれば、そういう生徒が集まった中下位校でよりいっそうヌルい学校生活を享受し始めます。「次こそは」となんか思わないんです。

また、多くの生徒では、さんざん怒られた挙げ句最後に少し頑張れば志望校を一つ落としたくらいで受験をパスできたことに安心して、「大学受験も楽勝」と考えます。授業を真面目に聞いていなし、できるように努力もしていない彼らには、小学校や中学校とは違い、高校の学習は付け焼き刃ではできるようにならないことすら分からずに目の前の惰眠を貪ります。

その結果、下位大学に進みます。もちろん、下位大学でも大学生活を楽しみます。中学・高校と何ら変わりはありません。ただ違うのは、次は志望校を下げるだけで痛くも痒くもなかった受験とは違い、就職が待っているということです。

努力できないのは、想像力が欠如しているから

以上のことは、親も塾も学校も、散々言ってきたことでしょう。言われなくても、中学2年生くらいなら少し考えれば分かることです。でも、いくら具体例を出して「この大学ならこんなとこに就職する羽目になる。」って言っても、彼らには分からないんです。いや、自分のことととして考えられないんです。ウソでも他人事でもないし、確実に数年後に自分の身の上に降りかかって来るんですが、なぜか他人事みたいなんです。

彼らがそうなる理由は、ネジが緩みきって何も考えていないことに尽きると思います。500人以上、20年以上教えてきて2/3以上の生徒で、なんでこんな自明なことが実感として分からないのか、私は本当に今でも分かりません。

じゃあ、どうすればいいか? ネジを締めてもすぐ緩みますから、ロックをかければいいんです。「○○大学に行けないようなら、働け。授業料は出さん。」と親が本気で言えば簡単にロックはかかります。ただ。子供は親のウソと甘さを見抜きますので、左遷するバカな部下に対する態度で望むことです。

まあ大人も想像力がないんですから・・・

先日も書きましたが、この時期に汁を飛ばしながら食う狭いラーメン屋が家族連れで満員です。こんなとこで感染して、会社でクラスター感染でも起こしてしまって、感染の理由が「ラーメン屋行ってました。」ってなるとどういうことになるのか、いい大人が想像つかないんですから、子供ではこうなるのも仕方がないんですかね・・。

気分転換に外出したいのなら家族でドライブに行ってお弁当を食べるとか、このへんは山も海もあるんですから、散歩に行ってコンビニでなにか買って空いている場所で食べるとか・・もう少し考え方があると思うんですけどね・・・そもそも、こういう輩は脳みそにネジ穴さえ空いてないんじゃないかと思います。

私、このラーメン屋で他人と顔を突き合わせてラーメン啜っているヤツラの子供を一回(だけ)教えてみたいですね・・・もちろん預かるのはいやですけど。「やっぱりかぁ~」って確認したいんですよ。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。