審判の日が始まる2 もう塾の卒業生の就活も思い悩む必要はない?

塾の卒業生の就活はどうなるのか?

今年は壊滅ですね。で来年はV字回復って言う具合に行くんでしょうか? アメリカではロックダウン解除ってトランプが言っていますが、あれは経済悪化で大統領選がヤバいから焦っているということもあるんでしょうが、退治できないウィルスはインフルエンザみたいに共存していくしかないと匙を投げたってことかも知れないと最近は思い始めています。

V字回復か、L字低迷か、何事もなかったようにインフル並みの犠牲者には目をつぶって就活再開か・・さあ、どうなるんでしょうか?

もう駄目じゃん

NHKのよると慶応大学病院が他の疾患で入院予定の患者を調べたところ、症状がなくても6%で陽性だそうです。なんで政府があれほどPCR検査を頑なに拒否するのか分かりましたね。もしBCG接種が日本でなかったら、数万~数十万人以上の死亡者が出ていたかもですね。

ワクチンができれば?・・

難しいと思いますよ私は。今回のウィルスはSARSやMARSなど定期的に流行してかなりの被害を出してきましたが、未だにワクチンの開発には成功していません。私はバイオの修士とPh.Dを持っていますが、ワクチンの専門ではないので、なぜ難しいのかは分かりません。けれど、実験で抗体をウサギなどに作らせる際に抗体価が上がりやすいタンパク質とそうでないものがあります。今回は感染しても抗体価が低い人も多いそうですので、おそらくそんなところもあるんでしょう。人工的に抗体価が上がるようにタンパク質を合成してワクチンを作っても、今度はタンパク質の形が変わりすぎてワクチンとしては機能しなくなりますからね。

企業決算には反応しなくなった株式市場

こんな中、金融機関を始め悲惨な1-3月期の決算がアメリカでは出てきています。もちろんこの時期の影響はまだ軽微ですが、良くありません。でも、アメリカも日本も株式市場は逆行するように上がり始めています。日米欧の中央銀行が揃って大規模な金融緩和・株式や債券の買取を表明しているからです。

アメリカでは失業率は1割を超え、世界恐慌以来だと言われています。ワクチン開発も希望と掛け声だけで、どこからも有効な話は聞かない状況下でで実経済と金融経済は完全に遊離して、投資できる金持ちだけがますます金持ちになり、一般庶民は失業と金融緩和後のインフレや増税に苦しむことになるかも知れません。

今回アメリカでは黒人の死亡率は5倍だそうです。肥満率などが黒人のほうが高く慢性疾患も多いからだと言っていますが、主要因は経済格差から黒人は十分な医療が受けられないからです。日本でも就活にも失敗した若者が、中高年になった20年先に降りかかるかもしれません。

ブラック・スワンの登場

そんな中、アメリカとサウジとロシアの原油減産合意で跳ね上がっていた原油価格が暴落し始めました。資源の需給だけは実経済を反映していたんです。いくら減産しても需要が減退して原油は余っています。もう備蓄もパンパンです。アメリカのシェールオイル企業は1年ほどの取引は確保しているらしいですから、来年の今頃一気に破綻します。サウジも原油採掘の採算は取れても、1バレル60ドルくらいで売れないと財政は破綻するそうです。サウジの王子様が計画していた世界一の1,400mの高層ビルおぼえてますか?ドバイの倍の高さのです。あれも数十メートルのところで工事が頓挫しています。

何がテレワークだ!日本の田舎が一番被害を被る?

このシェールオイル企業の債権を証券化したCLOという商品を一番掴んでいるのが農林中金と郵貯です。田舎の金融網は破綻しかねませんよねぇ~。今回のコロナ騒動で「企業はオフィスや通勤手当のムダに気がついた。これからはテレワークだ!」「みんな、好きなところに住んで仕事をしよう!宮古島でまったりビジネスだ!!」なんて言ってるヤツら、宮古島行ってもATMも何もなくなるかも知れないことを考えてるんですかね?

けれど、これを機会に都心部の行き過ぎた地価が見直されることになるという気はします。だって、今の地価じゃあ賃料で採算取れないじゃん。芦屋なんかも、この2~3年はバカみたいな価格でマンション売られてましたからね~。

とりあえず、就活ヤバいってことかも知れません。

それでもヨーロッパは呑気なんです

欧州、ドイツは中国への輸出で中国べったりでした。東ヨーロッパは中国からの投資が頼りで、これも中国ベッタリでした。しかし1年ほど前から風向きが変わりつつありました。きっかけは首都アテネの重要な港、ピレウス港に投資していた中国にギリシアが借金を返済できずに最重要港の管理権を取られたからです。

ということは、ピレウス港に中国が麻薬から偽ブランドから不法滞在者まで送り届けやすくなることを意味します。一旦EU内に入れば、後は国境はありません。どの国にも届け放題です。中国はバルカンやイタリアの経済苦の南欧諸国に返済が滞るのを分かっていて投資し、返済できなくなったら社会インフラを乗っ取って国家を支配しようとしています。これが一帯一路計画です。既にアジアでも実行されてスリランカでも首都の港は中国に押さえられています。

オンライン英会話なんかで聞いても、この状況をヨーロッパの人って全然知らないですからねぇ~。アヘン戦争の報復されるかも知れないのに。

やっとヨーロッパがブチ切れだした?

でも、やっと、ヨーロッパもの事に気がつき始めました。中国の悪いことなんか絶対に言わなかったドイツのメルケルが、ついにトランプと同じことを言い出しました。「今回の件の透明性」を中国に要求したんです。とうとう飼い犬が手を噛んだんです。フランスンのノーベル生理医学賞受賞者も同じことをいい始めています。「特異的にエイズウイルスのゲノムが組み込まれた、こんな都合のいいウィルスが自然界でできるはずがない。」。

中国が兵器として開発したものなら、ワクチンが作りにくく、空気感染で容易にパンデミックが起こり、しかもひょっとしてエイズの特性が組み込まれていて免疫機能にも何らかの影響があるとしたら・・・もう退治は無理ですな。中国をのさばらせたオバマの罪は重いと思います・・・けどヨーロッパのヤツってオバマ大好きなですよ。「平和・平等」ってオバマのきれい事の演説真に受けてるのが多いんです・・・・・愚かすぎです。

で、塾の卒業生の就職なんか悩む必要はなくなる

今回のWHOの中国に配慮した情報発信で初期対応が遅れてコロナが蔓延したともトランプは言っています。国連機関の代表は1カ国1票の選挙で決められます。中国が「援助」=「恫喝」している多数のアフリカの国の票が鍵になります。今のWHOのトップはエチオピア人です。彼が外務大臣のときに中国はエチオピアに1兆円投資しています。エチオピアのGDPより巨額です。だから、WHOは中国の傀儡だと言われているんです。

でも、例の武漢のウィルス研究所で人工的に作ったバイオ兵器が流出して、中国が隠そうとして初期対応が遅れ、もう20万人近く世界では死んでいるとしたら。今後も死者は増え続け、毎年数十万人が死ぬとしたら。WHOもそれに一枚噛んでたとしたら。

国連崩壊で世界大戦ですな。中国から核ミサイルを真っ先に打ち込まれるのが日本です。就活も関係おまへんな。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。