英語の学習/時事でアメリカの狂気を学ぶ

アメリカの民主党って狂ってる・・・3/31のニューヨークの新聞記事の冒頭

New York Legalizes Recreational Marijuana, Tying Move to Racial Equity

Under the law, 40 percent of tax revenue from cannabis will be steered to minority communities that had disproportionate numbers of marijuana arrests.

After years of stalled attempts, New York State has legalized the use of recreational marijuana, enacting a robust program that will reinvest millions of dollars of tax revenues from cannabis in minority communities ravaged by the decades-long war on drugs.

和訳をしてみましょう

ニューヨークは娯楽用のマリファナを合法化した、人種的公平性に向けた動きへと関連づける。

この法律では、大麻からの税金の40%は、人口比では多くマリファナで逮捕されたマイノリティの人たちに使われるだろう。

長年動かなかった試みの後、ニューヨークは娯楽用マリファナの使用を合法化し、大麻からの数億円の税金を麻薬の争いで荒らされたマイノリティの人たちに再投資するしっかりとしたプログラムを法制化した。

reinvest、再投資って・・・

麻薬で苦しめられてきた有色人種に、大麻から上がった税金を再投資するらしいです。それも、たったmillions of dollars=数億円らしいです。

カナダはマリファナから利益を上げるギャングを締め上げるためにマリファナを一歩先に合法化しました。でも、ニューヨークで数億円しか儲かってないんだったら、ギャングにとってはマリファナの合法かなんて痛くもかゆくもないでしょう。実際、一足先に合法化したカナダでは、政府に税金を払って売っている公認の販売所より、ヤミの方が良心的価格なんで、みんなそっちで買っているということらしいですから、ギャングもそんな儲かってないんですよ。

それとも、これはアホな白人がマリファナ・パーティをしたかっただけなのか? あるいは、経済苦から麻薬に親和性の高い有色人種をマリファナをステップにして、さらにシャブ漬けにして「白人様に逆らうな」ということなのか? どっちなんやろ?と思う私は、心が腐っているんでしょうか?

アメリカの民主党って、人種差別反対って言いながら、腹の底では徹底的に差別していると思うのは私だけでしょうか?

「核廃絶」「平和」をスローガンに有色人種で初めてアメリカの大統領になったオバマが、百兆円の核兵器開発の法案を通した直後に来日して、アメリカが原爆を落として無抵抗の一般市民を何十万人も虐殺した広島でお祈りしてたの知ってました? 

ヒロシマで「核なき世界」誓うオバマ 「使える核兵器」に1兆ドル」の記事の通りです。

因みに、日本の自衛隊の予算って、年間5兆円ですで・・。まあ、中国に対抗するには、核兵器開発は仕方なかったんでしょうけれど。

けれど、その直後広島に来たって言うのは、エリートの有色人種がその他の有色人種を馬鹿にして人気取りをしているようで、このマリファナ合法化を率先して通したのが黒人議員たちだというのと同じで、結構根深いですな。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。