成績が悪い生徒程テスト前に塾を休む

成績が良い生徒はテスト前にこそ塾を利用する

ミドリゼミではテスト前には生徒がベストの状況に持っていけるように生徒と相談しながらスケジュリングします。

そのスケジュリングに従って学習してくれる優秀な生徒なら、テスト1週間くらい前からはほぼ彼らの好きなようにさせます。何をいつまでにどう見直せばいいのか分かっているから、いちいち指示しなくてもいいからです。でも、こういう生徒はテスト前に関係なく塾に来ます。どうせ家で学習していても同じなのですから、教えてくれる講師がいた方が良いからです。

成績が悪い生徒程テスト前に塾を休む

ところが、塾のスケジュリング通りに学習できず、「これもあれも見直さないといけない。」と、こちらがテスト前に考えている生徒程塾を休みます。母親から塾に「休みます」とかかってくる電話の理由は「見直すだけだから」です。

・・・アホか・・・「成績が上がらない子供の暗記・・・写経に挑戦」のように真剣さもなく学習して穴だらけの暗記になっているからこちらが焦っているわけですし、「教科書をラインマーカーで塗りつぶす公立中学の生徒たち/どこが重要か分からない生徒の成績を伸ばすのは難しい」のような体たらくだから見直しなど自分で出来るわけはないんです。

成績の悪い生徒がテスト前に塾を休む理由

テスト前に「これも、あれも出来てへんやないかい!」「これもあれも、もう一回やって来い!」と詰められるのが嫌だから、テストをダシにして塾を休もうとしているんです。それで、「イヤ、一人で見直しなんかできるわけないじゃないですか。塾に来てください。」と母親に伝えるのですが、やはり塾には来ません。

それで、私の心配通りのようなことをしでかしてきて、今度は母親から「どうなっているんですか!」とお叱りの電話がかかってくるわけです・・・「イヤ、そうなるって言ったじゃないですか? テスト前に逃げを打つお子さんのことお分かりになっていないんですか?」と私は返事をすることになるわけです。

こんな子供に何回騙されれば気がすむんですか、お母さん? そんなだから、舐められて、テストをネタに塾を休むなんか言う子供になっているんですよ。

教えきれるわけがない

「テスト前くらいシャキッと頑張らんかい!」と言われる塾からどうしたら逃げを打てるか考えている子供を預かって私が必死で奮闘しているのに、肝心なテスト前に子供に丸め込まれて塾を休ませるなど、愚かにもほどがある。その結果、酷い点数を取ってきて「塾が悪い!」とすべて塾のせいにする。

テスト前に休んでも任せられる生徒なら、私の方から「まかせた!」と言っていますよ・・・そんな生徒はキチンと塾に来ます。テスト前に休ませるなと塾から言われている子供を休ませ、結果が悪いと文句を言う親の子供など預かれるわけがないじゃないですか。

この子にしてこの親ありなわけです。「子育て論の本質/結局は遺伝子」「努力できる遺伝子/グローバル化・中流没落が生む選民思想

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。