お母さん版、ビリギャル脱出実録/お子さんはこんな家庭を築けるのか?

こんな凄い動画、初めてです

お父さんの目つき・・・

この奥さんのバックにあるもの

確かに着ているものは家族全員ユニクロで、奥さんも今まで格好にも美容にも気を使う余裕もなかったかもしれません。でもお子さんが二人いて、一戸建てに住んでいらっしゃる。家にはグランドピアノがある。そこでピアノの先生をやっていらっしゃる。ダンナさんのしっかりとした稼ぎがないと、無理です。

もう、日本政府があらゆる統計で使う、日本の社会が絶頂期の30年前の標準的な中の上の少し上くらいのご家庭です。

今の大半の若者にはムリなご家庭です

20歳代の非正規雇用が4割近く、正規雇用と言ってもこれだけのご家庭を維持できる収入がある男が今の若者世代でどれだけいるんでしょう? 一部の大企業に勤めているか、自営でラッキーにも成功している人間以外はこの中の上の家庭をもう築くことができない。

このビデオをただの変身番組として見ていてはダメです。この年齢でこれほどキレイな変身できる奥様をお持ちでお子さんが二人もいる男性は、完璧な勝ち組なんです。

ひょっとしたら、この奥さんも若い時にはかなりキレイで、ピアノも弾けるしってことで金のあるダンナを捕まえたのかもしれませんネ・・・だって、このダンナさん、サラリーマンっぽくないです。自営業やってるどこかのエエとこのボンじゃないのか?

だから自信があったから、この企画にも応募したのか? だって、変身後の奥様に「まあ、こんなもんか」感がプンプンですから。

公立中学で通知簿4の下半分、中堅私立で関関同立ヤバいというお子さんをお持ちのお母さん

変身の前にお子さんを厳しく育てないと、こういうご家庭をお子さんは持てないことは確実です。妊活や育児への補助の前に、結婚できる収入がある若者が激減し、日本の少子化は加速していくことになるでしょう。変身したくても、変身する金がないアラフォーの独身女性も加速度的に増えていきます。今の子供が30歳になる時には、もっと状況は悪くなる。

特に女性が厳しくなると思います。男性の収入減で結婚と言う互助制度が崩壊した今、出産や育児で労働効率に劣る女性は男性より雇用が厳しいので、非正規の女性は景気の良し悪しで簡単に生活苦に追い込まれます。「女子も頑張ろうね!/女性の自殺者急増」「女子生徒はよく見るべき/グローバル化は女性の貧困を生む」「転落する日本人女性/30年前のフィリピンや韓国になっている

男女平等を叫ばないといけない社会は幸せなのか?

アメリカで男女平等が叫ばれ出したのは1970年代に入って日本などに二次産業が破壊されて中所得者層が崩壊して、専業主婦と言うある意味幸せな環境が壊されて、女性が社会進出し出してからです。ダンナさえおだてておけば安楽で安定したポジションが奪われ厳しい社会に放り出され、その結果「じゃあ、男女平等じゃないと!」と言い始めたのです。だから、一部の有能な女性を除いて、男女平等が大半の女性にいいことかどうかは私は分かりません。平成後半からの日本も同じです。

社会の貧困と裏腹の男女平等社会でこの奥様並みの家庭を築くには、自分の収入があることはもちろんですが、結婚相手の収入がないことには始まらない。ということは、好待遇の職場に勤めてそこで結婚相手を捕まえるか、容姿によほど自信があれば結婚相談所やアプリで高所得者を見つけるしかない・・と思いませんか? 

アメリカの絶頂期1960年代のドラマです。アメリカに幸せな中流階級があった時代です。男女平等も女性の社会進出も、まったくないです。日本で言うならサザエさんの世界観です

今日の結論:ということで、ミドリゼミに来て勉強しよう(笑)!

だから多くの女性にとって、こういう家庭を持てるかどうかは、学歴に依存することが多いと思います。有名大学を出てそれなりの企業に勤めることが一番確実な方法です。そこで、この奥さんのようにピアノ講師ではなく、夫婦共稼ぎで働き続けるしか、今後はこのレベルの家庭は維持できなくなるんじゃないでしょうか?

クラブ活動に邁進して、ソコソコの成績を取ってくるお子さんをお持ちで「こんなもんや」と思っているお母さんは、再考された方が良いと思います。進学校に入れて、下位の成績でアップアップしているお子さんをお持ちの場合も、高校の授業が始まるまでに手を打たないと落ちこぼれて、その先はないと思います。「進学校とはどういうところか?/優秀な生徒を搔き集め、チャート式も理解させられず多くは関関同立で精一杯、そういうところです」「進学校問題の相談多し/難しすぎて役に立たない授業/多すぎる課題で復習できない

私の塾では、こういう話を子供に聞かせます。学校でも他の塾でも、多くの場合ご家庭でも言わない社会の一面を教えないことには、子供に自分の人生に責任を持って勉強するかどうか考えろとは言えないと思うからです。

でも、その勤めた一流企業がいつまで一流なのか、一流でも黒字リストラなんか平気ですることになるのか、なんてことまでは私は責任を持てません。私としては、日本はかなりヤバいと思っています。だから、同時にこういうことも伝えます。「新しい世代へ/文系なら国際教養大学、理系なら海外の院に行こう」「日本のレベルは1972年に落ちている/5年後は1960年代=開発途上国レベルに戻る?/円安こそ最悪の既得権益だ!」「偏差値60ない高校生は、アメリカでトラックドライバーになれ!

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。