早生まれの子供の中学受験への疑問/公立校に行かせて浪人させるのも有効

誰でも知っている絶対的な情報を無視して中学受験に邁進し、親の見栄のために子供に苦労させて苦労させて、その挙句に子供を潰すなど、愚行を超えて子供の人生を潰す虐待だと思います。これは、こういうことで潰れて行った数多くの子供の世話をしてきた私の本音です。

遅生まれが学業や就職で有利なのは全世界共通です/アメリカ編

アメリカの記事です。Oldest Kids In Class Do Better, Even Through College : The Two-Way : NPR

理由は、Children who start school at an older age do better than their younger classmates and have better odds of attending college and graduating from an elite institution.です。

「年長で学校を始める子供は、年少の子供より良い成績を取れ、そして大学入学やエリート大学の卒業の可能性が高い。」

だから、Many parents already delay enrolling their children in school, believing they’ll do better if they’re a bit older. なのです。「多くの親はすでに子供を入学させる時期を遅らせている、子供たちが少し年長だとより良い成績を取ると信じて。」ということです。これは、1年遅れで子供を入学させることを意味します。

ヨーロッパでも

Older children in the year group are more popular than younger peers | New Scientistでは、Relative age has earlier been demonstrated to affect school performance – relatively older children do better in school,”と書かれています。「年齢比較では学校の成績に影響があると以前から報告されてきたー比較すると年長の子供は学校の成績が良い。」

もちろん日本でも

早生まれの学力不利益/学歴差は就職差になり所得差にもなる」にも示した「東大院教授「早生まれの不利は大人まで続く」研究結果発表」というデータでは、高校入試で早生まれと遅生まれとでは、平均で偏差値が4.5違うと言われています。進学先がワンランク違うんです。

年齢が低い中学受験では、もっと格差が大きいはずです。しかし、そんなことも考えずに、あるいは意図的に忘れて、多くの親御さんは中学受験に邁進されます。

別に中学受験が悪いとは言っていません。問題は、周囲の熱に煽られて、塾に煽られて、なるべく上位の中学に下位で進ませる愚かさです。入った中学では、脳の発育も進んでいる遅生まれの成績上位者の子供を対象に早く速い授業を進めます。具体的には、進学校なら中学2年生の半ばから高校の学習を始めます。

早生まれの子供に中学受験させることへの疑問

早生まれの中学1年生に近い見た目も幼い子供と、中学3年生に近い大人びた子供とでは脳の成熟にもたっぷりとした格差あります。だって、高校入試の時期で偏差値が4.5も違うんですよ。中学受験した親御さんなら4.5の重さの意味、おわかりになってますよね? 

その中学1年相当の子供に、高校の学習を投げつけるんですから、そらムリというものです。早い目に授業を開始するんだから、下の成績の子供にはゆっくりと教えて上げればいいのに、年齢が上で理解力もある高校生と同じスピードで授業を進めます。だから、進学校では年齢相応の学習を行う公立校より多くの落ちこぼれが出ます。

具体的に言うとこんな問題を早生まれの中学1年生相当の子供にやらせようとしてるんですよ。出来ると思います?お母さん! よほど優秀でなければムリですよ。阪神間では3番手あたりの「大阪大学に進めたら成功」という進学校に真ん中くらいの成績で進む子供では、まず間違いなく理解できません。その理解不足のまま中学3年生で三角関数、そして高校1年生指数・対数・微分・積分になだれ込んでいきます。理解不足を取り返す余裕も与えられずに先に先に進まれて、中学2年生の時点で落ちこぼれが確定します。こういう子供が進学校では半数に上ります。

別に難問を選んだわけでもないですよ。★5つ中3つでしょ? 教科書にも載ってますよ。でも、この問題は数学の考え方が凝縮されている問題で、これができない生徒はこれ以後の数学は全滅します。この時点で私立文系確定です。いわば、高校の学習の試金石という問題で、公立高校では1年の1学期の後半か2学期にでも学習します。こういう問題を「解法丸暗記」で乗り切らざるを得ない進度でがカリキュラムを組まれるんです。この1問でも1週間時間をかけて理解するまで教える価値はあるのに。

何でこんな無茶をするのかと言えば、成績優秀者の学力を伸ばして有名大学に行ってもらわないと学校の進学実績を上げられずに、経営に大きな影響が出るからです。下位の生徒を一生懸命教えて中堅大学に放り込んだところで宣伝にもならないので、落ちこぼれるのを織り込み済みでこういうカリキュラムが組まれるのです。「進学校問題の相談多し/難しすぎて役に立たない授業/多すぎる課題で復習できない」「進学校とはどういうところか?/優秀な生徒を搔き集め、チャート式も理解させられず多くは関関同立で精一杯、そういうところです

そういうところに下位の成績で滑り込ませるなど、子供の将来を潰す児童虐待だと申し上げているわけです。

中学受験させるくらいなら公立校から浪人も手じゃないですか?

中高6年間で落ちこぼれ続け、大学受験の時期に基礎学力も身についていない進学校の生徒など山ほどいます。私はその尻拭いをしてきましたから。「大学入試で逆転する学校間格差・逆転は難しい校内格差/上位校に下位で進んではいけない理由/哀れさえ感じます

そんなことになるのなら、公立校で年齢相応の授業を受け、早生まれのハンデが少ない大学受験まで勝負を遅らせ、尚且つ志望校にまで届かなかったら、年齢的に遅生まれの現役生には成長が追い付く浪人も視野に入れて、フェアな勝負を子供にさせてあげるべきです。それに公立校に進ませたなら、親の方も浪人させるために資金を用意しやすいでしょう。

ただし、公立校に進ませる場合は、小学校時代にそれなりの準備をしてあげるべきです。「公立中学生の親御さんが決定的に勘違いしているお子さんの学力/そしてその生徒が高校生になる」「中学受験を利用して基礎学力を身につけよう!/指導不可能になっている公立中学の半数の生徒」でないと、早生まれや遅生まれの前に、どんな生れ方でも手遅れになります。

後先考えない親の見栄のための受験など、辞めるべきだと思います

ムリな中学受験など子供が可哀そうすぎます。子供を叩いて躾ける以上の虐待です。だって、子供の一生を潰すんですよ。学校の先生が少しきつく叱ったとかで怒鳴り込んでくる親が、こういうことを平気で行うのは本末転倒を超えて、親の身勝手に過ぎない・・・と、潰れて行った子供たちを数多く見てきたオヤジは心底思います。

受験の本丸は大学受験です。中学受験や高校受験などその手段になる学校に行くためのステップにしかすぎません。それを中学受験などに血道を上げて、その挙句子供に必死で頑張らせて、やっと上位校に下位で無理やり押し込んで落ちこぼれさせるなど「愚か」「虐待」以外の言葉はありません。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。