クラブ活動と似ている今回の騒ぎ

自粛ってナニ?

欧州やアメリカの強制力を持ったロックダウンとは異なり、日本の対策は自粛です。自粛であれば政府が補償金を払う必要がないからです。コレって、「見殺しにします」って言ってるのと同じですよね。しかも、関わり合いになるのも嫌なのか、政府は県に丸投げしています。

その政府や県が個人の生活に要請する自粛で「外出禁止、家にいろ。」です。この流れに乗って、個人間でもネット上で何でもかんでも相手を叩いて欲求不満のはけ口にしているのがいます、人気のいない場所への散歩やドライブまで叩いています・・・アホか。

コイツら学校のクラブ活動でも、おんなじようなことをしてたんだろうなァ。ひょっとしたら、会社でもこういうことをして得点稼いでるんじゃないのだろうか。

日本社会の縮図

思考停止して、有効かどうかの検証もせずに、道理に合わないことを目標も持たずに、中途半端な熱意でダラダラと行い、それに道理で異論を唱えると集団で袋叩きになる日本の社会特性がよく出ています。

もちろんこれは企業活動でも見られます。なんでそうなっているのかわからない不合理なやり方の仕事がどの企業にでもある。日本の企業で出世する人間は、そういう村社会の中で上手く立ち回り、自分が相手を抑える側に立つ人間だということが往々にしてあります。だから、そういう人間がトップに立つと、今回のような非常時には何も出来ない。

さらに、相手が自分より上から叩いてくると何も出来ない。アメリカやドイツのように、中国にキッチリ物を言えるんでしょうか?・・無理だと思います。

こういう事は言われ始めて長いですが、何も改善されていません。日本の社会や企業の悲しい特性です。今回のコロナ騒動、以前の福島原発、それに中国やアメリカへの対応、すべて同根だと思います。

日本社会の縮図、クラブ活動

この日本社会の特性の縮図のような活動が学校、その中でもクラブ活動です。

思考停止して、有効かどうかの検証もせずに、道理に合わないことを目標も持たずに、中途半端な熱意でダラダラと授業や練習を行い、それに道理で異論を唱えると集団で袋叩きになってイジメられる・・・これが学校生活そのものです、その中でその特性が一番色濃く表れるのは、個人で授業を聞くクラス活動ではなく、集団で練習するクラブ活動です。

子供相手に管理がしやすい学校では、この特性を巧みに利用して特にクラブ活動を運営する教師がいます。子供相手だから、理屈もへったくれもなく集団主義で抑え込むのが簡単だからです。また、相手の思いやりも損得計算もない本性丸出しの子供の間の関係では、こういう日本の特性が表れやすい。集団主義の中で上位の位置を確保して、他の生徒にマウンティングして存在意義を主張するんです。会社でもこういうことは行われますが、教師や先輩、強い相手に文句が言えず、人間関係も単純な子どもの世界ほどこういう社会の特徴は表れやすい、。だからクラブ活動に如実に社会の本性が表れる。

グローバル化や個人の尊重が叫ばれる一方で、学校の画一的な管理、ノートの書き方にまで口を出す提出や様々な事情があっても退部しにくいクラブ活動はますます進んでいます。

今回の騒動への期待

生徒が長期間学校という呪縛から開放され、あるものは自由と身勝手を手に入れ、あるものは自分が本当にやりたいことをやる時間が出来、あるものは他人の呪縛から逃れてマイペースで思う存分頑張れる環境が用意され、価値観を変える子供が増えてほしいと思っています。そうすれば、社会主義以上の管理社会の日本ももう少し変わるのではないかと期待を込めています。

親御様も、「早く学校が始まればいいのに。」ばかりではなく、お子さんの特性を観察し、子供にどうしてあげれば良いのか考える良い機会だと思います。

まず最初に思うこと

その集団主義の象徴のような、バカ高い価格の制服って止めさせたらどうなんですかね? 制服のない小学校では、あまり行き過ぎた学校活動はありません。あの制服が集団心理を暴走させる根源だと思うんです。これは大人のスーツも同じです。最近は大人のスーツも、以前よりいっそうダークスーツなんかの画一的な物をみんな着ています。昔はもっと色合いや柄など幅広い好みが許容されていたとも思うんですが。

規律とかいうのであれば、GUやワークマンに頼んで妥当な価格の物を提供してもらえば良いんじゃないんですか。できれば、多少の柄や色など個人の好みを許容すれば、もっと息苦しくない世の中ができるんじゃないかと思います。

・・アツ、息苦しくないのと、高学歴目指すんなら息苦しいくらい必死で勉強せなアカンのとは違うで! 息止めて死ぬくらい勉強してもらいます!!

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。