子育ては遺伝?環境? 

虐待する親は虐待されたから虐待するのか?

我々がよく聞く「子供を虐待する親は、自分が虐待されたから」という論法、私はこの論法をいつも不思議に思っていました。普通、自分が虐待されて嫌だったんなら、子供にはしないんじゃないの? 頭に来たら、相手が弱かったら、見境なく暴力を振るう性格が遺伝したんじゃないの?・・・って私は思っているんですが。

日本では、子供の成績や性格はすべて教育と環境の賜物であり、遺伝的な形質ではないというのが定説として取り扱われています。理由として、欧米のように大規模な追跡調査などがされないからデータがないのが理由だと思います。なぜそいう研究がされないのかというと、遺伝と言われると親の立つ瀬がない、あるいは優生的な差別につながるという理由で、タブーになっているのだと思います。

ジュディス・リッチ・ハリスっていう人知ってますか?

こういう調査をした第一人者です。彼女が書いた「子育ての大誤解」という本は有名です。簡単に言うと、一卵性双生児が何らかの理由で養子に出されて別々の家族で育てられても、その生育環境や育まれた愛情にかかわらず、非常によく似た成長をするというものです。

私は同じようなハーバード大学が行った調査も見たことがあります。少し調べたのですが、データは見つかりません。研究自体はこういうものです。ニューヨークのスラムで育ち、親の犯罪などによって児童施設に送られ、裕福な家に養子に入って何不自由なく育った子供。そして、親はマトモだが失業などで経済破綻して貧しい環境で生育した子供。この両者の犯罪歴を調べたものです。前者が圧倒的に高かったという結果が出ています。

もちろん、環境が関係するという結果もあります

ジュディス・リッチ・ハリスのウィキペディアにも書かれているように、環境が大きな役割を果たすという研究者もいます。けれど、この本の出版によって「ふさわしくない」という理由で彼女がハーバードの博士号を剥奪されたことからも分かるように、彼女の研究データへの反証より「好き嫌い」「倫理」からの反論なのかも知れません。でも詳しく調べていない私には分かりません。

しかし、研究というものは、たとえ自然科学であっても、その多くははまず研究者の都合の良い結論ありきで、その結果を導ける材料や手法を駆使して作り上げられることが多いんです。だから、医学の常識などコロコロ変わります。あれは新事実が分かったということもありますが、同時に医学会を牛耳っていた研究者の派閥の力関係が変わったということもあるわけです。

私の知っている大御所教授などは、有名な雑誌のレフリィをしていて、自分に都合の悪い論文は絶対に許可しませんでしたから。その上、自分に関係のあるものなら、審査を長引かせて、その間にその論文のメソッドを真似て部下に研究をやらせてさっさと自分たちが投稿するようなこともまかり通っていましたからねぇ。

でも、環境や子育てだけが重要と言うのは言い過ぎ

遺伝だというと、親の資質が受け継がれると思われるからでしょう。親が優秀でも子供はそうではない場合、また逆の場合など、親が優秀で子供も優秀な場合より頻繁なくらい目にします。だから世間は「遺伝」には否定的なのだろうと思います。

ここで私がいっている「遺伝」とは、親に似ているかとかいうことではなく「生まれ持ったもの」という意味で捉えてください。だから、兄弟であっても二重らせんの構造上親から受け継いだものが違うので、親が平等に育てても、生まれ持った遺伝形質の通り違う成長をするのです。

もちろん、常にでなくても、しばしば親から受け継ぐことはあります。例えば、一番最初に書いた虐待の連鎖などはその代表だと思います。

ということで、何でもかんでも環境や教育のせいにするのは間違いだと思います

私も、多くのご家庭のお子さんを預かってきました。複雑な環境の子、裕福な子、色々です。しかし、頼りない私の経験則からも、環境や子育てですべてを解決することは無理があると思います。いろいろな子供を見てきた経験からは、私はハリスさん寄りです。というか、「これは家庭や育て方のせいだな・・・」と思ったことは、私はほとんどありません。

お母さん方、子供は生れ落ちたら、相応にしか育ちませんよ。悩んでも同じです。子供なんか、「運」ですよ。

でも、子育ての間違いが明確に引き起こす事象があります

私が「これは親のせいだ」と思うのはただ一点です。中学受験の失敗です。無理に上位校に下位の成績で入れて、落ちこぼれさせ、ムリにムリを重ねても落ちこぼれ、惨めな学校生活を6年も送り、結局は公立でのんびりしていれば進めた大学へも進めず就職も失敗して人生を踏み外す場合・・・・これは、親の見栄や間違った情報を真に受けて子供を捻じ曲げたからです。「進学塾や進学校の生徒が抱える学習問題・・根っこは親です」にも書いた通りです。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。