テスト前に自己学習を理由に塾を休む生徒/多くはダメです

暗記するだけだから、復習するだけだからと塾を休む生徒

別に塾を嫌っているからではないと思うんですが、テスト前に自己学習を理由に塾を休む生徒が毎年少数います。彼らの特徴は、「成績が悪い。」です。

私はテスト前には生徒がベストの状況に持っていけるように生徒と相談しながらスケジュリングしますし、生徒がやりたいと言う学習が合理的なものなら自分の意見を押し付けるようなことはしません。私の塾に通っている進学校の中学生や高校生なら、テスト1週間くらい前からはほぼ彼らの好きなようにさせます。何をいつまでにどうすればいいのか分かっているから、いちいち指示しなくてもいいからです。

でも、こういう生徒はテスト前に関係なく塾に来ます。どうせ家で学習していても同じなのですから、いざというときに教えてくれたり相談できる講師がいた方が良いと考えているからです。

ところが、「コイツは最後まで目を離せんな。これとあれともう一回テストまでに復習させんことには忘れてるな。」と思っている生徒程、私のそういう思惑とは関係なくテスト前に塾を休みます。それで、私の心配の通りのようなことをしでかしてくるわけです。「これとこれ、見直してなかったんかい!」「自分でやるって言って、穴だらけやないかい!」「もう二度とテスト前に休むな!」とテスト後の酷い答案を見て怒鳴りつけることになるのですが、次のテストではやっぱりまた休んで酷いことになるんです。

デキない生徒がテスト前に塾を休む理由

私を嫌っているからではないと思うんです。だって、普段は嫌がらずに毎日長時間塾に来ているんですから。でも、肝心な詰めの段階で身勝手を炸裂させて自滅するんです。自滅するだけならいいんですが、酷いテストの得点は私の塾の評価になるんですからたまったものではありません。

彼らの原因は「通塾時間がもったいない。その分、私ひとりで出来る。」という、とてつもない誤解にあるんではないかと思うんです。そして、もう一つの原因は、そういうことを繰り返してきた子供に「お前ひとりで出来ないから塾に通わせているんだ! 行けぇ~」と言わない親にあります。彼らよりはるかに学力が高い生徒でさえテスト直前まで「聞くことはないか?」と塾に来ているのにです。

こういう生徒は、自分より成績のいい生徒・遙かに難しい学習をしている生徒と毎日同じ空間で学習していても、その状況を客観的に把握し、自分の能力を判断する能力が根本から欠如しているように思えます。

だから、学習内容も客観的に把握できず、自分の理解も判断できないのだと思います。解答に〇×をつけただけで学習した気になっている、教科書やノートをボ~っと眺めただけでおぼえた気になっている姿勢が、学習自体にも学習の管理にも同じように向かっているに過ぎません。

正直教えきれない

肝心な時に勝手に休んで、見当はずれな学習を自己判断で進めて、酷い点数を取って来る生徒は、正直教えきれません。

だって、普段一生懸命教えていても、忘れ放題の学力の子供に肝心の詰めの段階で勝手に休まれて、自分勝手なことをしてきて、忘れ放題の酷い結果を突き付けるんです。その結果、「あの塾アカンわ。」なんて言われたら、預かれるわけないじゃないですか。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。