日本の子供の躾を考える・・まともな学校に進学させるために 

圧倒的に躾されているヨーロッパ

以前も書きましたが、ヨーロッパに旅行すると驚くのが子供の行儀の良さです。公共の場、公園や歩道で走り回ったり、叫んだりしている子供はもちろん、駄々をこねている子供さえ見ません。イタリアは酷いですが日本よりはマシです。

昨年、泊まったホテルの横にあった某島国の小さな教会でボ~っとしていたところ、先生に引率された小学生が100人ほど見学に来ました。誰ひとり私語もなく、整然と着席して牧師の話を聞き出しました。日本の社会見学なんかではありえないと私は感動しました・・・・あれが、大人になるとなんであれほどだらしなくなるのかが、とても疑問です。

日本じゃあ、兵庫県立美術館なんかで、小学校の見学にあたった日には悲劇です。金返せと言いたくなります。一度酷い目に会ってから、美術館に行くときは、私は子供の団体見学の有無を確認してから行きます。

その差は親の態度の違い・・ひょっとしたら体格の違いかも?

では何故このような違いがでてくるのでしょう? 別にヨーロッパの親が家で怒鳴りつけ、時には体罰もっていうことはありません。学校でも叱りつけているということもありません。ただ違うのは、親や大人の目線です。日本の親は子供の目線に降りてきて躾をしようとします。けれど、ヨーロッパの親は圧倒的に上から目線です。というより、大人と子供は違うという区別が前提で、口調は静かですが、態度で上から押さえつけます。日本の親子が若い担任教師と生徒の関係だとしたら、ヨーロッパの親子は校長先生と生徒の関係と言ったら分かりやすいかも知れません。

私はこれは別に態度だけでもなく、ヨーロッパ人の体格、特に北方系は体が大きく静かでも迫力があるからなのかなとも思います。日本でもやはり子供は母親より父親を怖がりますし、ヨーロッパでも体の小さいラテン系のイタリアでは子供は大人を舐めています。

上に書いた教会のエピソードはシチリアのほんの近くの島国の出来事で、シチリアとは文化的にも似ていていますが、違いはシチリアがラテン系で大人の体が日本人並みに小さいのに比べ、こちらはイギリスの支配が長く北方系の血が色濃く混ざっていて大人の体格がまるっきり違うということです。私、両方の島をよく知ってるんです。

子供は、その前提を肌身でビシビシ感じているから、静かな口調でも言うことを聞くんです。小さな子どもなんか全面服従しています。駄々をこねる子供なんかいません。同じ口調で体の小さな日本の親が子供を諭しても、子供は無視して走り回り続けることでしょう。

だからゆとり教育は致命的です/今は中学受験の必要性もない

だって、家庭で躾のできない子供を、学校で野放しにするんですよ。ロクなことになるはずがない。ああいう学校教育は、家庭で躾のキチンとできている北欧だからできるんですよ。日本やイタリアで「子供の自主性を・・」「子供の可能性を・・」なんか言う教育したら、学校が動物園になるだけです。

やっと文科省も最近はゆとり教育から脱却しました。でも、これは「エライことしてもうた~、若い奴らアカンやん。」という反省ではなく、「労働人口不足してきたから、少し締め上げてまともなの作るか。」ということだと思っています。この20年は「だらしなく、将来も考えない多数の非正規労働要員」が必要だったから、ゆとり教育で二極化を作り出したに過ぎないと勘ぐっているんですが・・。

そう考えないと、今回のゆとり脱却は急ピッチで鮮やか過ぎるんですよ。

中学受験塾を躾の場として利用するのはOK

でも小学校で躾に失敗すると、中学校では好き放題で遊び呆ける子供が出来上がります。その時には大人を舐めていますし、中学も高校も子供を抑え込むような厳しい躾はできる時代ではないですから、もう終わりです。学力が低くても中学受験を経験した子供が比較的マシなことが多いのは、中学受験塾で絞め上げられて、ある意味で躾がされているからだと思います。

そういう意味で、躾に自信がない親御様は、受験をするしないに関わらず、厳しめの中学受験塾に放り込むのは悪いアイデアではありません。特に算数の基礎学力などの差も歴然と違いますので、私は中学受験なしで、親が送り迎えなどしなくていい近くの中学受験塾に躾と基礎学力確保が目的で放り込むのは良い方法だと思います。ただ、親の見栄だけの無理な中学受験は、ここでも再三書いていますが、悪い結果しか残さず子供の将来に大きな禍根を残しますので、私は絶対に反対です。「進学塾や進学校の生徒が抱える学習問題・・根っこは親です」「進学校の生徒が普通の高校の生徒に追いつかれる理由」に書いた通りでございます。

もちろん、しっかりとした子供では、親に文句を言っても自分の将来に関係することはキッチリするという子供もいます。でも、そういう親が干渉しないでも済む子供は少数です。そういう高校生の男の子ではメシ、カネぐらいしか親とは話しません。もう自立してるんですよ。だから、余計な口は挟まないことです。まあ、高校ぐらいで悪い方向に自立されたら、もう終わってますから、見放す以外にありませんけれど。子供に使う金があれば、老後に貯めておきましょう。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。