入塾条件を以前に戻します/特進の個別指導をする塾です

来年度から、生徒の入塾条件を休塾以前に戻します

中学生は、公立中学レベルで通知簿が3と4の生徒。これは、中学受験で上位の生徒の多くが抜けている今の公立中学では、親世代の通知簿3を意味します。教えれば教えた内容を理解し、ステップアップしていけるラインです。

高校生では、公立では芦屋高校の上位のライン。高校の学習に十分な中学の基礎学力があって、多少だらしないことは許しても、塾で教え込めば甲南大学には入学させてあげられるラインです。

私立では学校の授業についていけるレベルで、進路と学習の関係が分かっている生徒です。公立の学校と比べて十分な学力があっても、学校がそれ以上のことをしているのですから、基準は学校に準じます。

内部進学の場合は、外部受験ではご希望の志望校レベルに押し上げれるライン。内部進学の場合では、親御さんが無茶な要求をされない場合は、学力は問いません。

以上の条件を、学校の成績、それに入塾時のお話と体験授業の感触から、個別に判断させていただきます。

ミドリゼミとは

ベテランの講師が、持っている技術と熱意を生徒の成績を上げるために注げる塾です。学校と同じ様に適当に教えて、宿題をぶん投げて、成果が出なければ「もう少し頑張らないと」と言うだけの定番の塾に呆れた方に向けて、子供の学力と性格に寄り添い、全力で教える塾です。高校であれば芦屋高校の上半分以上、大学であれば甲南大学以上に進ませる塾です。神戸高校でも大阪大学でも、どこでも進ませます。

しかし、このHPを読まれて「熱心だから」と来れられても、あまりに酷い状態の子供はお引き受けしません。講師が疲弊するばかりで、他の生徒の指導に悪影響を及ぼします。これは塾の看板・レベルを守るためででもあります。そういう子供の吹き溜まりだと思われることは、絶対に避けなければなりません。

また、京都大学や医学部に行くのなら、鉄緑会にでも行ってください。やはり個別指導の範疇を越えます。けれども、大阪大学に進む程度の生徒であれば、安心してお任せください。大したことはありません。

例外的に受け入れる場合もありますが、少数です

上の基準に届かない場合でも、生徒本人も親御様もその状況をよくお分かりの上で入塾を希望される場合はお引き受けすることもあります。

もちろん、集団式の塾やアルバイト講師が教える個別指導塾よりもできることは多いと自負していますが、やはり限界はあります。所詮、子供の学習は、最後の最後は子供の能力がものを言うのです。ですからその限界を入塾時にお話して、それに納得いただける場合は入塾していただくこともあります。

けれども、こういう場合、後々入塾時の話し合いもお忘れになって、親心から「次はここまで」「この大学にぜひとも」とハードルを上げていかれることが多いです。いくら私が頑張ってもそこまで到達しない場合が多く、トラブルも多いです。おそらく、そういう親御さんは、どの塾でもトラブルを起こすと思います。子供の限界を超えて教えられる塾も講師も、この世の中には存在しないからです。

私もその生徒を入れたがために後々申し込んで来られた優秀な生徒さんをお断りすることもあります。それなのに、無理難題を言われて、結局は「期待したほどでも・・」などと言われて辞められることが多いのですから、基本的にはお受けしません。

ですから、超大手の予備校にでも行かれて「ここでダメなのだから仕方がない。」と、その看板で納得いただくのが一番かなと思います。

ブログの内容も変えていきます

今までは「勉強しない子供はどうすればいいのか?」というようなブログも書いてきました。でも、そういうブログは減らしていきます。募集する対象を変えたためです。

名前の通り、ブログ内容も特進個別に相当するものにします。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。