私が塾で必ず言うこと/学校では口が裂けても言わない真実2

分かっていない女子たち

女の子にも、私は真実を話します。

「遊び惚けて、ワケの分からん大学に行って、男と散々遊んだような雰囲気をプンプンさせて非正規やってる女に、シュッとしたスーツを着て一流企業に勤めてる男が、少しでも「エエなぁ~」ってなると思うか? 遊びやったら別やけど、真面目に付き合おうなんて心の隅にもないで。」こういうと、多くの女子は「そんなもんなんですか・・」とアホなことを言いだします。

「キミらも同じやろ。遊び惚けて、ワケの分からん大学に行って、女と散々遊んだような雰囲気をプンプンさせてる男に、少しでも「エエなぁ~」ってなるか? 」と言い直すと、「その通りです。」と言っています。

「男もおんなじやで。って言うか、男の方がその線はキツイと思うで。」っていうと、深く納得するのであります。

せやから勉強せい~!

今結婚難って言うてる女が多いのは何でか? 周囲にマシな男がいないと、皆さん言いなさる。けれど、それは周りにいい男がいない環境に身を置いてるからや。上のような男の吹き溜まりのような環境で働いてるからや。自業自得!

一流企業に勤めてて、少し化粧でも研究したら、選び放題やないか!

一流企業に入るには、関学くらい出てやなアカン! せやから、勉強せぇ~!!

今の女性の実情は知ってるか?

最近有名な話です。「コロナ禍で日本人女性の自殺が急増、「特有の悲劇」が顕在化 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)」。

これは、コロナで業務不振とリストラが著しいサービス産業の非正規雇用が女性に多いことが原因だと、どのニュースも言っています。ただ、どのニュースも女性に遠慮して、真実は書いていません。

昔からサービス業で非正規で働く女性は多かったんです。しかし、それは学生アルバイトや主婦のパートであって、失業したとしても小遣いや子供の塾代に困る程度のものでしかなかった。ところが、今や生活の主要な糧として、こういうところで働かないといけない女性が増えた。グローバル化で非正規雇用が増えたからだと言っていますが、こういう職場はもともとアルバイトとパートで成り立っていたので、事務職などの非正規が増えたのとは話が違います。

問題は、こういう職種で生活を支えなければいけない女性が増えたことです、それは結婚と言う女性の最大の互助制度が破壊されたことを意味します。グローバル化と派遣法改正によって男の賃金が下がり婚姻率が下がってきている、あるいは結婚しても生活が維持できなくなって離婚してしまう。その結果、その男と同じ様な働き口しか持ってなかった女性,あるいは正規で働いていても子育てで会社を辞めた女性は少しの経済ショックで路頭に迷うことになった。

これが男女平等の行きついた末や

自分で自分の食い扶持を確保しなければいけない男の自殺者は昔から多かった。結婚で男をあてにできなくなった女が増え、女も自立を求められるようになった。その結果、自殺者数が男に近づいてきたんです。これが本当の男女平等ってやつです。世間は男女平等のいい面だけしか声高に叫ばない。

この現実分かってる女子は、ほとんどいません。芦屋に住んでると分からないし、親も教えない。

けど私は言います。まともな男がいる環境に身を置くために、勉強せぇ~!! 男女平等とか言う前に、ええ男捕まえて互助制度を確保せぇ~! 何やかんや言うても社会は男優先、子育ての負担が大きな女の社会基盤は男より脆いんや!!

塾では言わないこと

・・それと、自分を大切にして、アホな男と付き合うな。

「恋愛経験も私の人生の一部、丸ごと愛して!」なんて、遊びまわった末にアホなことを言ってる女、男はそんなこと飲み込まんで・・・それは、女性に媚びたメディアでのお話だけにしか過ぎない。特に、色々選べるイイ男が、なんでわざわざワケありを選ばなあかんねん。男をもっと研究してから遊びなさい!

アホな大学に行って男と遊び倒して非正規になって、またコロナみたいなのが来たら、今度はアンタが終わりやで。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。