家庭を破壊する兄弟間格差/後天的兄弟間較差は家庭を破壊する

資質の差はしかたがない・・・のか?

私の知り合いで、弟は超優秀で中学受験して甲陽に行き、神戸大の医学部に行った子供がいます。かなり昔の話です。中学受験も、このレベルの生徒でないと一般的ではなかった時代です。

ところがその弟には兄がいて、こちらはごく普通。中学受験もなく普通に公立中学に進んだんですが・・弟が甲陽に合格したくらいからおかしくなり始めて、立派な不良・ヤンキーになられました。

その兄弟間較差のあまりの大きさに、周囲は奇異の目を向けていたと言ってもいいでしょう。

デキの良い兄弟を、他の兄弟は応援するのか?

これはどうなんでしょう? 自分もソコソコ満足が行く状態にあって、例えば勉強は程々でもクラブで活躍して得意になれる場所があるとかなら、他の優秀な兄弟を応援する気も起ると思うんですが、上の兄弟のように自分に何の取り柄もない場合、勉強やスポーツに優秀な兄弟を応援するでしょうか?

私は難しいと思います。特に勉強の場合、就職の点で将来は大きな格差ができて、考え方も社会生活も相容れずに、兄弟断絶と言うことも少なくないと思います。

先天的な兄弟間較差も親はフォローすべきだと思う

子供の出来不出来はしかたがない。どう生きるかは生まれてきた子供の責任だ、でいいんでしょうか?・・・いや、遺伝的要因は子供の責任じゃないでしょう。

デキの良い弟の中学受験と進学にかかりっきりで、親は送迎をし、勉強を見てやり、兄は放ったらかしの状態がこの兄の不良化を生んだと言っても良いでしょう。

私の意見1

勉強ができないのなら、弟が中学受験させると決めた時に、兄も同じ塾に入れてやり、甲南大学付属校にでも通わせてやればよかったのです。

なぜならこの家庭はダブルインカムで、結構な収入のある家庭で、そんなことは可能だったからです。明らかに、出来の良い弟に親の興味が行って、兄には出来ることさえもしてやらなかったんですから、この兄は親を恨んだでしょうし、それが原因でグレて学歴も酷いことになってロクな仕事にもつけなかったんですから、大人になった今でも恨んでいると思います。

だって遺伝的較差に油を注いで火をつけたのは親なんですから。

さらに深刻な後天的な兄弟間較差

特に、親の都合で作り出したこういう後天的な兄弟間較差は深刻なことになると思います。これはとあるツイッターの書き込みです。

「4人姉妹(年が近い)ご家庭で、上2人は私立小に通っていらして、下2人(未就学児)は公立でと考えていらっしゃる 私は子供の性格に合わせて、学校を変えるのアリだと思っていたけど、 思春期位から、不平等さを感じるだろうし、もし自分が下の子の立場なら、受験させてくれなかった親を恨むという意見も」

この場合、子供の能力に合わせて中学受験などを選択したのではなく、家計を考えずにむやみに子供を作って下の子供にしわ寄せがいった訳ですから、当然親は恨まれます。それで、進学はもとより、学歴や就職、将来の生活で大きな差が出た場合、おそらく私立に入れてもらえなかった子供は、親の葬式にも出ないというありさまになりかねません。

私の意見2

上の子供に中学受験させるのなら、下の子供も中学受験塾に入れてやって、自分が「向いていない」と納得させて諦めさせてください。子供の納得も考えずにむやみに子供を作るなど、今の社会で子供の納得を得られるのは不可能です。

そして、子供が「勉強に向いていない」と納得した場合でも、看護士の資格を取らせるなど、子供としっかりと話し合って子供が将来納得できる道を探してあげて下さい。

このツィッターのような親は、最低だと思います。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。