普通の生徒の悪夢の失敗/もう二度と御免です

今、公立中学で通知簿3の子供がしでかしてくること

まず、塾再開後のこの1年の経験をお話しましょう。

公立中学で真ん中くらいの成績の生徒、正確に言うと中学受験で成績の良い生徒がほぼ抜けた後の真ん中くらいの成績の生徒のテストは、ほとんど腰を抜かさんばかりのことをしでかしてきました。

あれだけテスト前におぼえさせた国語の漢字、社会の太字の重要語句を、数個間違えてくるのではありません。ほぼ全滅して来るんですよ。これで、テストで60点くらいのクラス平均点取って、通知簿で3がつく。

必ず計算問題で起きるのは、方程式で左辺右辺に倍数をかけて式を簡単にすることを教えると、普通の式でも、「1/3X+1/2=3 →両辺に6をかける→ 2X+3=18を教えると、1/3X+1/2X=2X+3X=5X」とやってくるんですよ。

こういうことをしでかしてくるのは分かっていたことなので、直前まで塾でも注意したんですが、悪い予想通りテストでやらかしてくるんです。それも、数問でミスをしたとかではなく、スッカラカンに忘れて全滅するんです。テスト前日にもくどいほど教えるんですが、そんなこと次の日に目が覚めると頭にひとかけらも残っていません。

こういう生徒が勉強してないと思います? もうね、毎日3時間塾に来てキッチリと勉強していきます。それで、テスト前に出来るように仕上げて、本番でこんなことで20点も30点も落としてくるんですよ。毎日3時間勉強していても、方程式は両辺が=だから両辺に同じものを×+しても成り立つので、普通の式とは違うと理解も出来ていないんです。目の前の問題を機械的に解いて〇×つけてるだけなんです。講師のアドバイスなど受け流すだけです。

でもね、これが平均点の子供なんです。通知簿3です。塾に不信感を持つお母さんに伺いたいんですが、教えようあると思います?

中堅私立中学で進学コースの程々の成績の子供がしでかしてきたこと

中学3年生ですから、学習範囲は高校の2次関数です。その生徒はテスト前に、ずっと4ステップと言う数研の有名な問題集の二次関数の範囲を学習していたわけです。塾では、その4ステップができるようにテストまでに何回も繰り返し、ほぼほぼ仕上げましたよ。その生徒も毎日3時間塾に来て頑張りました。

私は基本問題なら全部正解してくると確信していました。公立中学の生徒と違い、中学受験を経験した生徒では学力も安定していて、上に書いたようなことをやらかしてくることは少ないからです。

・・・で、頂点(2,0)と(0 , -4)を通る二次関数を求めよ、ってな基本的な問題が中間テストでずっと出されたわけです。そこで何と答えたと思います?

その生徒の答えは y=2x-4です・・・すべての二次関数の問いに一次関数で答えて全滅して、ひとケタの得点をテストで取ってきたんです。テスト前日まで、二次関数の範囲の、二次関数の学習をしていたんですよ・・・私は唖然としました。私だけでなく母親も呆然自失です。学校の先生も「二次関数のテスト範囲で、いったい何を考えてるねん?」って呆れ果てていたそうです。

この私立学校の生徒は以前にも複数人預かったこともあります。当時は進学コースはなかったですが、この生徒が通う進学コース相当の上位の成績の生徒では結構デキがよかったです。正直、この生徒とは全く別物です。

私、その学校のレベルなら私立でも生徒は二度と採らないと決めましたよ・・公立だけではなく、猫も杓子も中学受験している今では中堅の私立でも教えるのは難しくなってきています。

私の塾で進学校の生徒がほとんどになった理由

こんな生徒に私のメンタルが壊されたくないから、こういうことがない生徒を体験授業をして採って行っただけなんです。もちろん塾の看板を守るためでもあります。別に進学校の生徒を選り好みしたわけではありません。でも、そういう生徒が辞めて、あるいは辞めてもらって「これなら大丈夫だろう」と思える新しい生徒に入ってもらうと、HPの「今教えている学校の生徒」のように進学校の生徒ばかり増えて行った。

私の塾は地域密着型の塾で、特別な生徒だけを教えようとしているわけではありません。小さな塾でそんな自惚れもありません。でもね、いくら熱心に教えても、あまりにも酷いことをしでかしてきて「なんやねん!この塾」と親に言われて塾を辞められると、私は傷つきますし、何より新入生の入って来る時期ではない時期に突然腹立ちまぎれに辞められると新入生の募集に四苦八苦することになるんです。

苦労して苦労して出来ない子供に教えて、それも個別指導20年の500人以上教えてきた講師が熱心に教えて、こんなことになるんですから、「どうにかしてくれ」と塾に来れられても「どうすることも出来ない」し、その結果腹立ちまぎれに予想外の時期に退塾されて四苦八苦するのは正直もう御免なんです。

昔は通知簿に3と4がつく生徒なら、公立中学でも普通に教えられたんです。難しい問題はデキなくても、こんなバカなことをしでかしてくる生徒はいなかった。本当に、「真ん中くらいのレベルの子供」に教えるのはもう無理になっています。

こういう可能性のある生徒を入れないようにすると、公立中学の生徒は通知簿が5と4で埋まっている生徒、公立高校なら御影クラス、私立なら偏差値60程度から上、あるいは私が中学時代から手塩にかけてまともに学習できる高校生、だけしか残らなかったんです。小さな塾ですから、別に選り好みした結果ではないんです。

中小企業の皆様に哀悼を表します

こういう若者を雇わなければいけない中小企業やサービス産業の皆様、事業継続は難しいですよ。だって、中~下位大学の学生を雇って「だらけている」と思ってらっしゃるでしょうが、そのだらけている若いモンでも、今の中高生に比べると別物くらい出来がいいです。将来、人を雇って任せられる仕事なんかなくなりますよ。

もちろん、今の中高生でもデキの良いのはいますが、そういうのは一流大学から一流企業に進んで、中小企業には来ません。世の中、二分化が強烈に進んでいます。デキが良いのと悪いのに別れて普通の子供がいなくなったんです。ルーティンワークを任せられる普通の若者なら二流大卒でも高卒でもいいか・・・なんて将来なくなりますよ。

中小企業では、漢字をおぼえる気のない子供や、こんな計算してくる子供を雇わないといけないんですよ。何の仕事まかせられます? 少し前、私のHPを読んで、とある税理士事務所の方からメールを頂いたんですが、その事務所は事務員として高卒の若者を採用したいようなんですが、もう箸にも棒にも引っかからないのしか来なくてどうしようもないと言うことでした。

今の子供を見ていると、私なら人など雇わないで良い範囲で小さく商売をまとめて、なるべく高収益を目指します。今の劣化した若者を雇って商売を大きくしようなんて怖すぎてできません。どうしても人を雇うのなら、経験ありのパートのおばちゃんか、定年退職したオッちゃんを雇います。それか、やる気のあるベトナム人です。

授業料を貰っていても「辞めてください。無理です。」って言うこともあるのに、給料を払って雇うなんて考えられない。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。