英語が得意な国際科はなぜ関西学院に合格できないのか?

こういう高校に入る生徒の特長

このあたりには、3つ国際科、いわゆる英語科の学校があります。国際高等学校、葺合高校国際科、そして国際中等です。前2者は公立の高校で、公立中学から英語が得意な生徒が入ります。私の経験では国際高等学校は英検の準2級、葺合は英検2級を中学で取れる子供が入ります。英検2級とは高校の英語がほぼ理解できているということです。国際中等は帰国子女向けの中高一貫校で、多くは英語ペラペラな生徒が入ります。

ということは、葺合や国際中等では高校では英語の勉強などほとんどせずとも、関西学院などには合格できるのに近い英語力が中学で既にあるということです。国際高等学校にしたって、まともに勉強していれば関学の英語なんか楽勝でしょう。じゃあ、国語と社会を1教科頑張れば関学なんか楽勝で入れるはずです。日本語の能力に難があるほどの帰国子女でなければ、本当に楽勝だと思いますよ。他の高校の生徒に比べ、スゴイ有利なんです。高校入学時には、親御さんもそう思われたはずです。

では、なぜこういう高校に進んで、多くの生徒は関学や同志社にも進めないのか? 私が何人ものそういう学校の生徒を教えた経験から、偏見?を書き連ねます。

高校で起きている生徒側の問題

まず、これらの学校に進む生徒で感じられるのは選民意識です。「私、英会話ができるの。」「普通の生徒とは違う学校に行ってるの。」という意識は、少なからずどの生徒にもあります。その驕りが学習不足につながる。また親御さんも、同じような考えの方が多い。

ところが、これは全くの勘違いです。だって、英語が多少できても、他教科もそれなりにできているのなら、神戸高校に行ったはずでしょ? 神戸高校に進む生徒のほとんどは中学で英検準2級クラスは取れる英語の学力を持ちます。国際科の生徒との違いは、ECC英会話なんか行っていて挨拶程度の英会話ができるか否かだけです。入試には関係ない。

そして神戸高校の生徒は、その英検準2級と同じレベルの高い学力を全教科で持っています。その神戸高校でも真ん中ぐらいの成績で関学や同志社なんですよ。「英語で挨拶できるから。」「教師も外国人だから。」などと得意がっていたら勝負になるはずはない。

ということで、英語だけが得意な生徒が、現国も古文も社会もまともに勉強せずに関学に届かないことになります。ものすごく単純で、簡単な理由です。同時に国語と社会1教科を詰め込めばなんとかできる生徒を集めて、高校側も何をしてるんだろうと思いますよ。

高校側の問題

課題などを見ていても、英語でレポートを書かせるなどお上品なものが多いですねぇ・・・ここはアメリカか? そんなお上品な勉強で、厳しい日本の受験戦争を勝ち抜けるはずないやろ! 少しでもいい大学に行こうと小学校から必死で受験勉強してる中学受験組がうじゃうじゃいる日本で。この1丁目1番地をないがしろにしていることが、こういう高校の最大の問題ですね。「日本史の山川の教科書暗記して来い!」「古語の助動詞の接続、テストするから50点以下は追試!」などいきり立っている先生はいないんですよ。

いくら英語を喋れても、その英語力が生かせる企業に就職できる学歴ががなければ英語なんかクソの訳にも立たないという1丁目1番地が、こういう学校では抜けているんですよ。インターナショナルスクールを真似た「お勉強」で学校の価値観は貫徹しているんです。

その結果が、英語の得意な子供を集めた末の哀れな進学実績です。

因みに、英語でレポートをかけたところで、私立大学の入試にはほとんど効果はありません。ほぼすべてがマークシートの選択問題だからです。英作なんて出ても短文の1文だけです。でないと、膨大な受験生の採点なんか期日内にできないからです。英作文の能力が必要なのは、筆記テストで長い長文の英作文が出される上位の国立大学だけです。その上位の国立大学は、英語だけ出来ても数学ができないと、受験の門扉の前にさえ立てません。

親御さんの問題

ECCなんかに通わせてこういう高校に入れた親御さんは「国立大学に!」と言って塾に連れてくる方も多いです・・・・英語も数学も得意なら神戸高校に行けてたのはないことにするんですか? 

数学や他教科は届かないから、そういう高校に行ったんじゃないんですか? 中学の数学で分からないところがある、塾で教えてもらわないと分からないようじゃあ、高校の数学なんか国立レベルに引き上げれるはずないでしょう。「理系の向き不向きは中学で決定的に分かる」「高校生の数学 進路選択について」に書いた通りです。繰り返し言いますが、神戸高校でも真ん中で関学なんですよ。

お子さんは特別な高校には進まれましたが、そこは進学校ではないんです。葺合の国際科はかなりいいですが、他の二つの大学進学実績は中堅の公立校とそう大して変わりありません。変に外国かぶれして日本の受験に通用しない学校なんです。そこを分かった上で、「頑張る。」「子供の考え方を変えさせる。」でないと、受験のスタート台にも乗らないです。

私なら、普通の進学校に放り込んで、オンライン英会話でもやらせます。英語ごときで飯が食える世の中ではありません。学歴と仕事があっての英語です。勘違いしている学校なんかには行かせません。それでも英語かぶれをしたいんなら、大学院からアメリカに留学して、MBAでもPh.Dでも取ればいいんです・・・まあ、カネはかかりますがね。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。