塾では成績を上げられない生徒/テストの結果を見せない子供

成績中位~下位の生徒に多いテストの結果を見せない子供/親の子育ての結果

今週は中間テスト真っ盛りです。今週の半ばから来週、再来週と生徒たちのテスト結果が続々と返ってきます。ところが、このテスト結果を塾に報告しない子供がいます。当然得点の悪い子供たちです。

まず言うことは、「学校で答案を回収された。」と誤魔化し、こちら忘れるのの待ちます。そんなことに負けずに、「もう答案返ってきたか?」と毎日聞くと、「●●点、いや××点だった・・・ような気が。」と曖昧なことを言い始めます。どの生徒もワンパターンです。それで、ダラダラと引き延ばして絶対に持ってきません。そうこうする間に、期末テストの準備が始まり、中間テストのことなど言ってられないくなるのを知っているんですよ、こういう子供は。

胡麻化して誤魔化して親も塾も凌いできたから、こういうズルで逃げ切れるとタカをくくっているですよ。親が行った最悪の教育だと思います。

当塾での対応/退塾してもらいます

こういう生徒では、テストだけではなく、日頃の学習でも誤魔化して楽な方向に大人を操縦しようという姿勢が身に沁みついています。学習姿勢を変えさせようと説得し、厳しい対応もしてきましたが、自ら変わる気もなくテストの得点を誤魔化す子供を改善させることは私には無理でした。

こういう子供を指導するには多大な労力が必要です。だって、人一倍の学力不足を埋める学習指導と並行して、繰り返されるウソを見抜き正すという「躾」をしないといけないのです。ものすごく労力がかかります。他の優良な生徒の指導に悪影響を及ぼしますし、何よりこういう生徒と毎日「どこまで許されるのか?」「どこまで許すのか?」という陣取り合戦を繰り返すのは私の精神衛生上よくありません。「塾講師が一番疲れる子供 中国の領土拡大を熟知する子供たち」の通りです。

ということで、退塾してもらいます。

私の塾の仕事は「躾」ではない

正直、親が幼児期にしなければいけない「躾」を塾でするのはムリだと思っています。塾の仕事は「学習指導」と「スケジュール管理」です。当塾は特に後者にも重点を置いて、生徒の個性や学力、それに学校の状況に合わせて最適な指導を目指します。出来の悪い小学生をあやすような指導をしている余裕はありません。

それに、こういう「大人チョロい。」を身に付いている子供は、小学校時代に徹底的に思い知らせないと、反抗期を迎えた子供ではもう矯正はムリです。反抗期の上に子供同士で都合の良い価値観を共有しているので変えられません。だから小学校でのしつけは大切なのですが、今や小学校ではこの躾機能が放置されています。親も子供に嫌われるのを恐れて、あるいは心地よい家庭を維持するのを優先してかだらしなく・ウソをつく小さな子供を躾けません。

だから、厳しく子供に学習を強制する中学受験塾に子供を放り込んで、子供を律してもらうしかないと思います。「日本の子供の躾を考える・・まともな学校に進学させるために 」の通りです。

ホームページはコチラ

芦屋で500人以上の個別指導の実績を持つベテラン講師が、定額で、毎日何時間でも指導します。来塾時間も帰宅時間も制限はありません。クラブなどと両立してなるべく多くの時間を学習して下さい。